• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独自アカウントを破棄 Gメールだけなんら不便なし

プロバイダーから支給されるアドレスというのを、コンピュータを使いだしてからずっと使っていたのですが、Gメールが利用できるようになってからはほとんど使わなくなりました。

支給されているメールに来ているのはスパムメールとウイルスが添付されたメールが9割以上、そして知人関係で言えば、絶対に交友関係をはずせない人にはGメールのアドレスを教えているため、これを捨てても影響はなしと判断しました。

結局の所、プロバイダーにしろ、大学にしろ持続的に利用できるメールアドレスではないのですから、長期視点で卒業後や引っ越した後も使えるウェブメールという選択がこれからは強くなってくるのです。

よくないパターンとして、プロバイダーから支給されているメールが手放せないので、サービスに不満を感じながらも使い続けている。
こういう人は周りに結構いるような気がします。

ある程度、コンピュータやらインターネットに使い慣れている人は逆にそういったこだわりはなくて、そもそもセットアップすらしていないという人もいたりしますw

今は中学生でも、小学生でも使う人はメールアドレスを持つだろうから、こういった実態を早めに知り、持続可能なアドレスを持つ事を推奨します。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。