• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブサイトを創るという事

もちろん目的にもよるが、世の中の多くのウェブサイトを見ていて、それを作るのは難しいのかと感じていた。
結論から言えば、ウェブサイトを作るだけならばそれほど難しくはない。

いわゆる型というものがどんなものにもあって、プレゼンテーションをする時ならば見やすいように視覚に訴えかけるスライド作りを心がけるとか、部屋の掃除をするならば片付ける場所を分けてから順番に片付けていくといったようにだ。

しかし、世の中のウェブサイトを見ていて思うのが、我流でそれを構築しているのではないか?という事。
もっというとそれはオナニープレイだと思っている。

これはこのブログにも言える事だが、見栄えの良さ云々というのは訪問者に取ってはどうでもいいことだ。
厳密にはどうでもよくはないが、彼らが求めているのはそこで提供される何かであり、見栄えに対するROIは低い。

かといってシンプルにすればいいと言うわけでもない。
視覚に訴えかけながらも使いやすさを確保しなければならない。

ここでいう使いやすさというのは、利用者に特定の作業を覚えさせたり、学ばせたりしなくてもすむ手法の確率である。
ウェブサイトの訪問者というのはBtoBにしろBtoCにしろ、自分の目的が達成できない、面倒だと少しでも思うとすぐにサイトから去っていく。

このブログでもアクセス解析をすると直帰率という数字が高く、まだまだ改善しなければいけない点が多い事を日々感じている。

そんな我流を捨てて、型を基準に何かを作るためにどうすればいいか?ということだが、これはツールを活用することだと思う。
ツールを使えば、世の中のある種の確立されたデザインに乗っ取ってモノ作りができる。

しかしそれで万能かというと、副作用として柔軟性が失われる。

この機能を足したいなって思ったときにそれが実現できなかったり、それをすると全体的なバランスが崩れてしまったり。
ウェブサイトの管理をしている人ならそんな経験があるのではないか。

僕も今、技術担当者として会社のホームページを作っているけれど、そんな壁にあたっている。

最初は我流で作ろうとしたけれど、学ばなければいけない事の多さにとても対応できないと感じ、ツールを使った。
それでなんとか外枠のようなものを作ったんだけれど、今度は中身をどうするのかというところで悩んでいる。

外枠だけならとても奇麗に出来ているから、そのまま作れば見栄えのいいサイトになるのだが、あれもいれたい、これもいれたいと考えるとどうしてもそれが崩してしまうのだ。

SEOの世界では1サイトに1つのテーマというのは基本中の基本であるが、実際にコンテンツを作るとこの辺りのバランスを取るのが本当に難しい。

今の所僕の考えとしては、外枠をツールで作って、細かい所は自分で作成。
一貫性を持たすために、色や大きさ、配置はなるべく統一する事で、使いやすさと豊富なコンテンツを実現しようと考えている。

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。