• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

Amazon.com Amazon.uk Amazon.ca を日本から利用する方法

必要なもの:クレジットカード中学ー高校初級程度の英語レベル、インターネット回線
あると望ましい:辞書

これだけです。
コンピュータを持っているというのはもちろん大前提なわけですが、携帯族でネットカフェや公共のコンピュータ(大学や図書館など)から利用する人もいると思います。

まず最初に言いたいのは、難しくないです。

いいですか?
僕程度の人間でもできるのです。
英語に対するアレルギーさえなければ誰でもできます。

一度、Amazon,com(米国)でアカウントを作ると、それらはUK(英国)とCA(カナダ)とも連携しているため、決済がとても楽になります。

つまり、3つの国の市場から自分の必要な物を調達できるようになります。
日本では手に入らない本、音楽、DVDなど活用方法はまさに無限大。

インターネットの恩恵を受けるためにも利用しない手はありません。

日本でアマゾンのアカウントを作った事のある人ならば大丈夫。
それが英語になるだけです。

では具体的にどうやるかですが、
.com(US)を例に説明すると、ページの上部にstart hereという項目があるので、そこをクリック。

Emailを入力してNo, I am a new customer.を選びます。

そうするとそこから先は忘れましたが、住所やクレジットカードを登録する画面に飛ぶと思います。
なのでその指示に従います。

英語で自分の住所の書き方がわからない?
簡単です。
検索すれば良質なコンテンツがこの通り大量にかかります。

なのでそれらを見ながら、紙にでも事前に書いておくといいでしょう。

登録ができたら買い物ができます。

日本に送ってくれるかくれないかは international shipping available や international delivery available
という表記があるのでそれが記載されていれば買えます。

日本同様マーケットプレイスがあって、そこで出品している人たちが受け付けていたりするのです。

もちろんアマゾンそのものが対応してくれたりもします。
基本、料金が変わらないならアマゾンから買った方が安心感はあるでしょう。

向こうの人たちは梱包も雑なので、日本の人はカルチャーショックを最初は受けると思います。
僕は細かい事は気にしないので大丈夫ですが。。。。

そういった意味では人を選ぶんでしょうか。
神経質な人はやめておいたほうがいいかもしれません。

以上、検索エンジン経由で調べている方がいらしゃるようなので共有です。
質問などありましたらどうぞ。

もう一度くどくなりますが、海外のアマゾンを利用するのは簡単です。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク