• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

アマゾる―オンラインショップAmazonをとことん限界まで使いこなすこと

アマゾる―オンラインショップAmazonをとことん限界まで使いこなすこと
アマゾる―オンラインショップAmazonをとことん限界まで使いこなすこと津田 大介

おすすめ平均
starsこれ一冊でアマゾれます。
starsなるほど・・が6割以上ありました
starsAmazonを普段から使用している人の本棚にどうぞ。
stars分かりやすい!
stars音楽好きなら一見の価値あり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


推奨度;中立
なぜ読もうと思ったのか:自身がアマゾンのヘビーユーザーである事を自認していたので、さらなる活用方法を模索するため
この本の割安性:マーケットプレイスで買う分には良い。
入手手段;図書館で発見、無料で読めた
出版社、著者へ一言:数年置きにアップデートして発行して欲しい。05年に比べ08年はさらにアマゾンユーザーは増えているはずなので需要はあるはず、2-3年程度のスパンで出し続けてみてはどうか。

2005年度発行というのもあって中身が古くなっています。
ただ考え方としては良くて、米国本家のAmazon.comを活用するアイディアや本を買うときに中古価格を調べてから購入するアイディアなど普段自分が実践している手法が多々収録されていておもしろかった。

いわゆるネットとリアルの店舗をどのようにして使い分けていくのかという視点が特筆に値して、メインはネットにシフトするけれど、リアル書店も使うというのは僕と同じ利用方法。

筆者は神保町に通勤していて、それまでは三省堂で買い物をしていたが今ではアマゾンで買い物をする事の方が多いそうだ。

その理由はやはり効率的だというのがあって、目的の本をそれまでは書店に行って探してもらったり、取り寄せてもらったりしていて非常に面倒だったのが、アマゾンであれば古い本でもすぐに見つけられるし、マーケットプレイスを利用すれば安価に購入する事もまた可能だと指摘している。

推奨の度合いとしては強く光るものがないのも事実なんだが、僕のように図書館で借りたり、古書店などで安価に売られていたら手に取ってみるといいのではないか。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク