• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

引っ越しメモ はじめての引っ越しからベテランまで 引っ越しの際に留意しておきたいことなど

先日書いた通り、今や新生活を始める際に莫大な資金は必要ない。
オークションで中古品を調達して、それを直接引っ越し先に送ってもらえばよいのだ。

どんなものでも今は手に入る。
食器棚、電子レンジ、洗濯機全てだ。

それで引っ越す際に全部一人でやるとどうなるのかを共有しておこうと思う。
わるつさんの引っ越しを今週末に手伝うんでね。

前回の補足的なことになるが、前提条件として不要品は全て売却していることが望ましい。
部屋の中にあるDVDやCD、漫画、本や雑誌。
ブックオフ持っていけば全て買い取ってくれるだろう。

僕のリアル友人でできるだけ高値で売却したいという人は、連絡してくれればネットを使って処分してあげますのでよろしければご利用ください。
これを読んでいる人の中に近隣の人がいるかわからないけれど、もしいたらいずれそういった人たちの手伝いをしてもいいと思ってます。

さて引っ越しの話題に戻すが、今回僕らは自分たちで全てやることにした。
つまり引っ越し業者は使わない。
なぜかって?お金を浮かせたいし、自分たちでできるからだ。

前述の通りわるつさんは引っ越し先で必要になる家電やらその他もろもろの品をほとんどオークションで事前に調達をした。

今までわるつさんはルームシェアをしていたのでこういったものはアパート備え付けのものを使っていたため持っていなかった。

ちなみに購入したのは、レンジ・電気・コンロ・洗濯機・FAX・電気ケトル・乾燥機。
落札した品々は独自に交渉をすれば指定した日付に指定した場所に今は送ってもらうことが可能だから覚えておくといいだろう。

今回一部の家財道具は引っ越し先に直送を出品者に依頼しているため、自分たちで運ばなければ行けないのは、PCだとかベッドだとか衣装ケースだとか最低限のものになる。
そこで我々はワゴン車一台を12時間1万5千円で借りることにした。
利用したのはニッポンレンタカー。
選んだ理由はグーグルで一番上に来たのと、ノリらしいw

これで全ての引っ越し作業を1往復、ないし2往復で済ませてしまおうというわけだ。

一般的には引っ越しをしようと思うと10万円ぐらいはすぐにかかってしまうだろう。
だが、一人暮らしレベルの引っ越しながら十分一人でできる。

もし可能なら手伝う人を一人か二人確保できればなお良い。
無理であればお金で買収をしたっていいじゃない。

今やmixiで地域のコミュニティが市レベルで作られているからそういったところで募集をかけるのだ。
それほどハードな仕事でないし、ルールもなく気軽に働けるだろうから、フリーターの人や、時間の空いている人が名乗り上げるかもしれない。

当然、人を雇うのだから、彼らに気持ちよく働いてもらうために次のような最高の体制を整えておいた方がいいだろう。
変なところでケチる人は何をやっても好かれないと思うので注意。

1、食費は全額出す

2、交通費全額支給

3、軍手やガムテームなども事前に用意

4、時給を設定するならその町の最高レベルの時給を出す


この4つぐらいかな。

1は出前なんかを頼むと便利かも。携帯で検索できますよね。
高いのを頼んでも一人3千円もいきません。

2番目は当たり前すぎて書くまでもありません。
短期バイトでは交通費を出さないというケチな待遇が常識化しているようですが、非常にナンセンスな考え方です。
働く人のことを考えない、Value per Priceの考えを持ってないからこういうことが発生するのでしょう。

3番目は意外と落とし穴かな。
事前に引っ越しの大まかなフローを紙にでも書き出しましょう。
自分でやるのだから計画は大事です。
当日になってから軍手がないだの、ガムテームがないだの、ダンボールが足りないと言っているようではだめです。

この程度の準備もできない人はだらしがない人と指摘をしておきましょう。
計画と言ってもそれを作るのにそれほど時間はかからないのだからそこは努力を惜しんではいけない。

4番目は人によって時給出す人も、出さな人もいると思うけれど、具体的には次の通り。

例えばその町のコンビニの時給が800円で、吉野家の時給が950円ならば、あなたは千円以上出してあげるべきだ。
そうすることで短期バイトで高額報酬という人参を作ることができるので、短期間の募集でも人が集まる可能性が上がるだろう。
くどくなるが、ケチな人間は誰しも嫌いで一緒にいたいと思わないので、そのことを忘れないように。

以上、引っ越したことのある人には当たり前のことだけど、未経験の人や知らない人、できない人も多いと思うので共有。

スポンサーリンク
もし一人で持っていく荷物が大量であったり、家族レベルでの引っ越しの方はこういった業者さんを利用するといいでしょう。見積もりだけなら無料なのでビューティーコンテストをするといいと思います。

70社以上の引越し会社、厳選8社へ一括見積もり依頼!


豪華引越!極引越


引越し達人セレクトで安い引越しをしよう!
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク