• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

伯楽(はくらく) その言葉を探していたんだ

就職活動中に使っていたノートが出てきた。
それによってとある経営者の人に教えてもらった言葉を見つける事ができた。
だから共有する。

はくらく【伯楽】
《中国の天馬を守る星の名から》
中国周代の、馬を見分ける名人。姓は孫、名は陽。

1<馬の素質の良否をよく見分ける人。また、牛馬の病気を治す人。

2<人物を見抜き、その能力を引き出し育てるのがじょうずな人。「球界の名」

その言葉は伯楽という言葉だ。
生き馬の目を抜いて、それを抜くだけじゃなくて活躍できるように調整をしたり、助けてあげたりする事。
できる人の事を意味しているみたいだけれど、伯楽と出会えなければ一般的には成功は難しい。

ある意味、既存の組織に就職する最大の魅力は伯楽にあると言ってもいいだろう。

だが起業したらしたらで、自らが取引先を開拓するだろうから、その過程で伯楽と出会えるかもしれない。
この辺りはとても難しい事だ。
未来の事は誰にもわからないからだ。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク