• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

はてなのブログってそんなにいいのか? おすすめのブログサービス 日本からグーグルは生まれないと思う事について

ブログを作るときに検討したもの、今まで使った事があるサービスが以下の通り。

FC2,Seasaa,Livedoor,DTI blog,Bloggar。

この中で持続可能でかつ検討するに値するのは2つだけで、それはFC2とBloggarだ。

ぶっちゃけ他のサービスは眼中になかったってのもあるけど、他のサービスがだめな点。

特に国内サービスは、
1、ださいロゴや削除できないリンクが挿入される=自由度低し
2、サーバーに対する設備投資が外国のサービスと比べたらお話しにならない(がんばりは認めるけれど資金レベルが違う。今時Googleよりも設備投資できる組織なんてあるの?)

この2つの理由がある時点でダメダメです。

まずSeasaaは先日書いた通り、RSSに広告を入れて金儲けを我策しだしたのでもうだめ。
Livedoorは可もなく、不可もなく。今は人が減っていると思うから逆に快適に使えるかもな。僕としては中立として評価したい。
DTI blogは比較サイトで良いと書かれていて試したが、自由度の低さが気に入らない。ださいロゴやらリンクを消せないのがダメです。

それに対して評価できる2つのブログの理由は次の通りだ。

FC2は国内サービスだけどレベルの高いブロガーが多い事、書籍も充実している事、カスタマイズ性が高く細かな事に口出ししてこない事が高く評価できる。

Bloggarは自由度がとにかく高い。
配置の設定のしやすさは特筆に値するし、アドセンスやニュースと連動してそれをクリック一つで設定していけるのはとっても便利。

だからこの2つはこれからブログをやりたいって人に自信を持って僕はおすすめします。

それではてなダイアリーって言うの?
はてなが提供しているブログサービスだけど、人様の書いた文章に勝手にリンクを貼るのが気に入らない。
設定でオフにできるのかな?

率直に言って見栄えが悪いし、それこそ中身の濃い事書いてしまうと下線が記事にバカスカ入ってしまって、それはまるで点数の悪い解答用紙のようになってしまう。

これはまだ書いた事ないと思うけど、日本からグーグルが生まれる事は今までもこれからもないよ。
それは業界の体質的にもそうだと思うし、国民性からもそう思う。

あくまでも日本人てのはKAIZENに長けている民族であり、0から何かを生み出す創造性においては、情報産業に限って言えばまずない。

断言するよ。
日本のITサービスの99%は米国ではやったサービスの劣化コピーばっかで、それはMSがMacOSパクってるのと同レベル。
尊敬に値しないね。

業界の過酷な労働条件はなんとかしていかなければいけないと思うけれど、そこでやっていることは創造性とはかけ離れた事を指摘して、ITにあんまり過度な期待しない方がいいよと言っておく。

これは自分自身にも言いたい事なんだけどねw

ここは米国じゃない。
変化に対する人々の準備もできてないし、生涯学習って考えもまだまだ一部で、それに参加している人もお茶濁しのような人もいたりで、とにかく米国とは全く比較にならない。

起業家に対する国民の理解はどうだろうか?
やっぱりここでも変化を好まないという体質が悪く作用していて、投資をしてくれなかったり、してくれても短期売買の材料でしかなかったりと、起業する事が割に合わない風潮が見ていてある。
上場したって大して資金調達できないから、非公開でいいや。。。
こんな考えも最近は珍しくないでしょ。

何か、革新的なサービスを誰かが生み出したって、それを受け入れる準備や応援する準備が周りにできていなければそれは持続していかない。

それが今の日本だと思うんだ。
だから表題に書いたように、今までもこれからも日本ではグーグルはまず生まれないよ。

とんでもないマイルストーンが起きない限り断言してもいい。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク