• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

被害者は僕の大学にも一人 ご冥福を心よりお祈りしたい

確率的にはどれぐらいなの?って所だけれど、残念ながら僕の大学にあの秋葉原での通り魔事件の被害者が一人いたようです。

まだ若く、これからという時に命を奪われ、ご両親、ご友人を始め周りの方々は無念でならないでしょう。

ご冥福をお祈りするとともに、残された人間が恥ずかしくない生き方をしていく事を改めて意識していきたい。

本当はこれは動画で言った方がいいんだけれど、まだ考えがまとまらないので文章で書く。

だけどテレビも新聞も何もわかっちゃいない。
家庭に問題があったとか、卒業アルバムを引っ張ってくるとかそういうレベルの話じゃないんだ。

この国が抱えている問題、社会が見て見ぬ振りをしている問題。

仕事もそうだし、生きている事に夢を持てない事そういう現実がある事に目をそらしてはいけない、この事件は改めてそれを教えてくれている。

日本は銃を所持するのを禁止しているから、被害も少なくすむけれど、アメリカ合衆国では大学のキャンパスで銃を乱射して自らも自殺を最後にするという事件が実際に起きている。
その事件のときだって同じような問題が起因になっているんだ。

「長生きしてもしょうがない。俺はさっさと死にたい。だから煙草を吸う」わるつさんはこんなことを言って俺を悲しませるけれど、でもそういう風に思ってしまう現実があるんだ。

異性との関係についてもそう。
夢が持てない人がいる。
新聞によるとこの加害者は要旨についても悩んでいて「俺はどうせ60になっても、6畳一間のぼろアパート住まい。不細工な奴は相手にされない」といった事をもらしていたらしいけれど、まさにそうなんだ。

短期的な利益、短期的な印象が優先をされ、雑誌なども昨日書いたJJの記事にも含んだように、それを煽っている。

問題なのは、日本人は真面目だからそういう情報をまともに受けて、受けれ入れてしまう所があるんだ。

それは女の子だけじゃない。
俺たち男もそうだ。
スタイルが良くて、目が大きくて、話を聞いてくれて、すぐにfuckさせてくれる女がいい。
そう思っている奴が多いんじゃないか?

同じ男として、確かにそういう存在に注目をしたくなる事がわからないとは言わないが、だけど本当にそれだけなのか?

SEXのみが目的の関係、それは割り切ってそういう存在を持つことも今の時代はありなのかもしれないけれど、自分のパートーナーとなりうる人としてつき合うのが成人した後の恋愛だと僕は思っているんだけれどどうかな?
俺が世間知らずなだけ?
あるいは俺がピュアすぎるのか?

中身を評価する事、小手先のだけのテクニックに走らなくても認めてあげる人が周りに存在する事、存在できる事。
ストレスフルな世の中だけど、そういう風潮がないとこれ以上、この国は続いていかないぞ。
とても危機感を持って俺はそのことについて考えています。


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク