• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

りまいんだー

秋セメスターで学んだ単語を残しておこうと思う。

-
superstition 迷信
inn 宿屋(ドラクエでも実は使われていたことに気がついた)
fortune cookie 映画でよく登場してくる。日本のおみくじのお菓子みたいなやつです。
fast/quickly 速く
early 早い
adverb 副詞
atrocious 邪悪な
concussion(n) (脳の)しんとう
triangle 三か国後を話す人
surface(n) 表面、面、うわべ、皮相
atrocious 邪悪な
greenery(n) 緑の葉
ingredient 食材
inspection 視察
profits 利益
funeral(n) 葬儀
vaccine(n) ワクチン
odd number 奇数
even number 偶数
horse shoe 人間が馬に乗るときに使う道具(うまく説明できね)
eel うなぎ
scroll 巻物
fracture 骨折
whiplash むち打ち(例:追突事故の被害に会ってむち打ちになる。)
stitch(v) 縫う
laundromat コインランドリー
genre カタカナ的にはジャンラって読むみたいです。categoryとは少し違う。
messy 汚い、散らかった
chaotic(adj)
depression 憂鬱、不景気
humidifier 加湿器 dehumidifier 除湿器
a soundproof chamber 防音室
sanitary 清潔⇔ unsanitary 不潔
dialect(n) 方言
skid(v) すべる
ambulance 救急車
over come これはイディオムやね。「(障害などを)乗り越える」の意。
-

日常会話編
仕方がない。(諦め、予定外の事態の発生に対して)
It can't helped.
もしこれが過去の場合、
「仕方がなかった」となり、
It couldn't helped. になります。
ネイティブの人は時々、
Oh well. ですますこともあるそうです。

基本的に僕はセメスターが終わると不必要な配布物やノートの大部分を処分する。これは僕がこれらの知識を明確に使わないことがわかっているからであって、安易にこれを読んで真似しないように。

捨てる技術って本にも書いてあったけど、いつか使うだろうってものは90%以上の確率で使わないことがほとんど。だから捨ててしまった方が部屋も広くなってすっきりする。



今はインターネットの恩恵、amazon.comの進出の影響で、購入した教科書も売ることができる。しかも極めてレートのいい割合で。もうブックオフに二束三文で専門書を処分する必要はないんだ。

アメリカの大学、それからフィンランドもそうらしいけど、大学も含めた教育機関のリサイクルはこれらの国では当たり前。セメスターが終わって、もう自分が使わないテキストは望めば返却することで何割かお金が返ってきます。
これは出版社との契約も整備されているらしく、中古として販売された教科書も何割かは出版社にお金が入るようになっているため、日本のように「中古ばかりが売れるとその著作権を持つ組織にお金が入らず、作品の制作の継続が困難になる」ということはなく、理にかなったシステムなわけ。

日本ではまだこういうシステムがないから自分で考えて、工夫しないといけない。後輩に50%で売るとか、僕みたいにインターネットで売ることで払ったお金の何割かを取り戻せる。捨てる前にあなたもやってみるといい。僕は少なくともそうだけど、一度読んだらもう二度と読まないで今後も使わないだろうって本が結構あなたの本棚にもあるんじゃない?
それを売り払えば本棚もすっきりして、いくらかのお金も手元に入ってくる、非常に生産的なアイディア。おすすめです。

ちなみに古本のために使われるエネルギーは考えてないんで、それが環境にいいのか悪いのかは別。少なくとも学生の間ってお金が余るってことはないから、どうしても経済性中心の考え方になってしまう。

ある程度お金ができたら、エネルギー効率のためには捨てた方がいいという考えに至るのかもしれないけど。(?)

いずれにしても今日はこれぐらいでおしまいです。英単語みなさんどれぐらい知ってましたか?現役+勉強している人には簡単な内容だったのではないでしょうか。

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク