• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

imacのHDD交換完了

imacのHDDを交換しました。

思ったよりも大変で、内部にネジを落として元通りできなくなったり散々でした。



システムとしては問題なく動くのですが、他にも副作用としてマイクの感度がおかしくなってしまいまともに使えなくなりました。

しかたないのでBluetooth接続のヘッドセットを購入しました。



うーん。imacの白い筐体、つまり旧機種に限っていえば素人にはお勧めしません。自作PCでハードの取り扱いになれている著者でさえこのざまなので、間違ってもコンピュータの中を一度も見たことがないなんて人はやめておいたほうがいいと思います。(さっき検索してみたところ新型のアルミボディのimac は旧機種に比べれば簡単にあけられる模様。ただこれも特定の道具が必要だったりと気軽にできるものではないでしょう)



どうしても改造したい人は代行サービスなどで多少値段が張っても保険をかけたほうがいいと思います。



さて交換してみて実際どうなのか?についてですが、パフォーマンスは確かに上がっているのが体感でもわかります。

カタログスペックでいえば同じ7200回転モデルなんですが、高耐久、低消費電力モデル、かつキャッシュが32MB(前のHDDは8MBだった!)と乗り換えるだけの理由も見いだせるものになっています。



ただマザー上の仕様でこれがフルに引き出せているかどうかは不明です。

例えばメモリーは今4GB搭載してますが、マザーの仕様で3GBまでしかアクセスできません。



今回こういったニッチな改造に取り組んだことで、自作PCの時のミドルタワーやフルタワーケースの拡張のしやすさがあんなに恵まれていたのか!ということを痛感しました。



新しくimacを買ってまた内部のHDDを交換するのも悪くないんですが、次に買うときはやはりデスクトップということでMac proが欲しくなりました。

クアッドコア搭載で30万円以上しますが、道具に金はけちってはいけないという信念のもと導入を検討していきたいと思います。



特筆すべき注意点



1、液晶の取り外しまでが旧機種はとても大変。内部に張られているテープを破らずにはがすのは玄人でも至難の業と思われる。



2、噛み合わせの調整が大変。元々ついている特定の部品が邪魔になったりで、私はあえて元にもどさなかった部品がいくつかあります。精神性正常こういったことが気になる人はいると思うので注意。



3、元に戻せても動かなかったりで、また分解することもある。とにかく精密な作業、ストレスフルな過程、壊してしまうのではないか?というプレシャーが常につきまといます。



4、これらの要因を踏まえて、シリアスに素人にはおすすめしません。代理サービスに頼むか、他の手段でのパフォーマンスアップ(買い替え、メモリの増設など)を検討しましょう。



関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク