• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

プログラミングの講義が初日から難しい件><

高校時代からプログラミングをバリバリ経験している後輩ちゃんを味方につけて自分の横に座らせて保険をはってますが1回目の講義から難しい内容でビビる。

習っているプログラミングの言語はJavaなんですが、今日理解できなかった事は”クラスとオブジェクトの違い”です。
習っているプログラミングはオブジェクト指向と呼ばれる手法らしいんですが、前期にやった基礎編とは手法が違うらしく(何が違うのか説明を受けたけどわからない><)心してかからないとあっという間に置いていかれそうです。

とりあえず後輩ちゃん曰く「クッキーの型を作る器がクラスで、それを使って作ったクッキーがオブジェクト」だそうです。
わかりやすいような、わかりにくいような。
外枠と中身(物質)の違いという事でしょうか。

とてもではないけれど、自分がバリバリのプログラマーとして活躍している姿は想像できません。
プログラマーの人たちってすげぇなあと改めて思った春の一日でした。

その他特筆すべき復習のポイント(だと思う事)
オブジェクトは、
1、識別可能であること
2、振る舞いを持っている事
3、状態を持っている事
の3つを満たしているのが条件。

クラスの雰囲気はとてもよく、至って平和です。
教授陣は学生を常に応援してくれるし、プログラミングをできないことを責めたりしないし(なんでこんなのもわからないんだ?と言われてもわからないものはわかりませんTT)、共に成長をしていくパートーナーという関係が教える側と教わる側に構築できていてまさに僕の理想のクラスであると言えます。
この先生のクラスで受講できる自分はラッキーです。
周りのヤングな後輩ちゃん達と楽しく頑張っていきたいと思います。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク