• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

「Mac」シェア、米消費者市場で21%に--Piper Jaffrayアナリスト予想

ついにきたか!という感じです。
CNETの記事をそのままタイトルに持ってきました。
確かにちょいとアメリカに行っていた時もアメリカの大学には当たり前のようにMacが設置されていて、それを当たり前のように使いこなす学生がいて、僕の先輩は「Macが日常的に使われているなんていいなー」って言ってたのを印象的に覚えています。

僕はその時はMacなんて気難しいデザイナーが使うものじゃないのかって思っていたので、そんな自分が今やMac愛好家になるとは思いませんでした。
先輩には「こんな気難しいOS使っているなんていかにも先輩らしいですね」というとんでもない皮肉なのか嫌みなのかわからない言葉を言っていた気がする。(先輩は当時すでにマカーだった!)
先輩ごめんなさい僕が間違っていました。Macは素晴らしいです。

僕はAppleという会社そのものが当初嫌いで、柔軟にカスタマイズできるWindowsのほうがオタク的にはいじりがいがあっていいよねーって思ってました。
でもMacを一年弱使って思うのは確かにハードはいじれる制限があるけれど、OSの設定はWindowsよりも柔軟に融通を利かせた設定ができるのです。
メインディスプレイを手動で設定できたり、仮想OS環境が実用レベルで快適に使えたりとにかく大満足しています。

顧客に対して難しい操作を覚えさせる負担なんてさせないよ!一部のギーグだけが使いこなせるOSなんておかしよね?もっと多くの人が自分の実現したい事を簡単に実現できるOSっていいよね。僕らがその土台を作ってみたからあとはカスタマイズをどうしてもしたい人に任せて、基本的にはいじらなくても快適に使えるOSに仕立ててみたよ。

そんなシンプルな提案を彼らはしていただけだったのでした。

どこの記事が忘れたけれど、世界規模でiPodを買ってその使いやすさに感動をしてAppleに興味を持ちMacを買う人が増えているという記事があって、僕もその例外でない一人。

最初は東芝のgigabeatを使っていました。だって人と同じって嫌じゃないですか。
でもある日思ったのは、iPodって以外と安いじゃん?ってこと。
ストレージ容量といい買った後のアクセサリーの豊富さといい競合他者が相手にならない程豊富でしたし、世間巷で言われる程壊れるわけでもない。(前にも書いたけれどケースに入れて使うのが基本中の基本です)

こんなおもしろい製品を作っているアップルって一体?って思っていた矢先、サークルの先輩が僕にMacを使わせてくれたのです。
Windowsと違ってアプリケーションの窓にメニューバーが表示されない。あれメニューはどこ?ブラウザーのお気に入りってどうやって出すの?って先輩を質問攻めにしました。
30分程使った所でなぜか直観的に操作ができるようになっている自分に気がつく。
Windowsではいろいろ使い方をグーグルで調べてやっと使いこなせるようになっていたのにMacでは予備知識なんてなくても基本操作ができる。これはすごいぞ!

影響されやすい単純な僕はその1週間後にMacBookを買っていました。
その1ヶ月後にはiMacを買って自作PCを売り払い、完全にWindowsを卒業したのでした。
そして思った事は「こんなにすごいコンピュータがあるのにそれに気がついている人は自分も含めてほとんどいない」という事でした。

情報系の学部なのに大学での教育にはWindowsが使われていますし、キャンパスでは「Vistaのエアロはさー」とか聞いていて恥ずかしくなる発言が飛び交っています。

もし今貴方がWindowsを使っていてMacに乗り換えようか悩んでいるなら、iPodを買ってみたら?と薦めたいです。
OSそのものを試したいなら全国各地にあるApple直営店や電気店に行けば実記を触れることができます。(できれば直営店か公式販売委託点がいいと思います。質問に的確に答える事のできる人がいるし、きちんとセットアップが終わっていてインターネットができる実機に触る事ができます)

あとここに質問を書いてくれれば、僕の答えられる範囲で答えようと思うんでよかったら質問して下さい。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク