• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷の上を歩いて春の訪れを待っている

面接でやりたい仕事を聞くのって意味がないと思うんだ。
一部のインターンを経験した人なら体感したことを語れるのかもしれないが、そうでない人も多いと思うんだよね。
そんな人がイメージを元にこれこれこういう仕事がこういった魅力があり、今後ニーズが増大していくと思いますのでやりたいですって言っても説得力ないじゃないか。

僕はまるで氷の上を歩いている象のような存在で少しでも気に入らない発言をしたらそれでアウト。
あなたは水の中に沈んで二度と上の世界に戻れない。

日系の大手証券から連絡がこない。
日系の資産運用からもあれから連絡がこない。
不動産投資ファンドは忘れた頃に連絡が来て落ちていたよ。ここはどうでもいい会社だったのでショック0だが。

去年もそうだったが心理的にこの時期は非常によろしくない。
自分がニートになるか社会人になれるか紙一重の時期なのだ。

証券会社が求める人材がわからない。
証券会社が好きな人材がわからない。

面接で嘘をつくつもりはないが、話した内容で合否が決まるなら話し方を意識する事でその効果を期待できる。
でも今は彼等が何を見ていて、何を評価して面接に進ませてくれているのかさっぱりわからないよ。

3次面接、4次面接、5次面接。
去年と同じなら採用予定人数は5人程。狭き門だ。

ここが本当に本命だと信じているけれど、ここに落ちたら全てがおしまいなのだ。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。