• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tポイントカード これは改悪なのか改良なのか

ちょっと前までブックオフでは自前のカードを提供して、500円買うごとに50円の割引券をくれる仕組みを提供していた。

今ではそのカードはTポイントカードという、ツタヤや映画館を始めとする他のサービスを提供している企業と連動して使う事の出来るポイントカードに取って代わられた。

還元率は100円で1ポイントだから、今までよりも還元率は悪い。500円の買い物をしても5ポイントしかもらえないのです。

競争過多なポイントサービスで生き残りが主な理由だと思うけれど、登録をする事で、ネット経由で今ポイントがどれぐらいあって、過去のポイントの履歴を確認できるのは便利ですね。

改悪か改良かといえば、半分改良で半分改悪というのが僕の答えで、特定のサービスのみを利用してきた人には歓迎できないサービスだと思う。

僕自身は、地元にツタヤはないし、映画を見に一緒に行ってくれるありがたい人もおらず(映画館でみたい良作が見つけられないと言い訳をしておこうかTT)あまり恩恵を受けている人間ではない。

でもまあこれで彼らが競争の激しい昨今の市場で生き残ってくれるならそれはそれでいいのではないだろうか。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。