• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

東芝のHDDVD(事実上)撤退から思う事

大手映画配給会社のパラマウントワーナーがBlueRayを支持し始めたのをきっかけに勝負は一気に終着になりました。

なぜ東芝は負けたのか?僕は記録容量に尽きるのではないかと考えています。
映画を作り、記録ディスクに収めて消費者に届けることで最終的な利益を確定させる映画産業にとって可能な限り高品質な映像と音声を記録媒体として採用したいと考えるのは自然な事ではないでしょうか。

「これ以上高画質な映像を使っても、その恩恵を受けられる人はほんの一握りの高価な再生機器とディスプレイを持っている人のみ」これは現段階での大半の人の感じている所ではないでしょうか。

しかし、制作者サイドで考えると実はDVDでは記録容量は全く足りなく、かなり妥協をして映像や音声を圧縮して収録しているのです。
本当かどうかわかりませんが、ハリウッド界では来るべく時代のために、撮影した映画の生データが保存されているとも聞きます。
来るべく時代とは、そういった莫大なデータ量のコンテンツを躊躇する事なく納める事の出来る記録ディスクの登場です。

確かに現段階ではこういった高スペックな規格を使いこなせるのは一部の人間かもしれない。DVDが出た時も同じような事が言われていました。再生機が高い、普及していない。でも今ではビデオレンタル屋に行けばDVDでコンテンツが提供されるのは当たり前ですし、プレーヤーも安くなりました。

今回の撤退が株価にどう影響するのか。月曜日の終値はストップ安とかになるのでしょうか。

僕自身は東芝が好きで、gigabeatを使っていた事もあるし、レグザという高品質なディスプレイなども好きです。
ただ日本のメーカーにありがちな傾向として、それを利用するステークホルダーへの配慮がまだまだ足りないかなと。

最先端の技術を使って利用者レベルにそれをどう活用するか考える人たちに求められるのは、スペック至上主義ではなくそれをどう演出するのかという監督センスなのではないでしょうか。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク