• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山すげー

淡水魚にしかすむ事のできない天然記念物にしていされた「あゆもどき」の番組がNHKでやっていたので見る。
ドキュメンタリーは好きだ。いつも何かを考えさせられる。

そのあゆもどきが住む川ではコンクリートで作られた運河ではなく、昔から使われている石が壁のようになって運河を守っている。で、地元に住む人は川で野菜を洗う。夏になると水草が大量に繁殖して川の流れが悪くなるから皆で、掃除する。あゆもどきのために運河を産卵のために開放する。すごく日本的だ。岡山いい!

僕が悲観的にしか日本を見れなくなったのは東京に住むようになったからなのかな。千葉県に住んでいたときは今ほどじゃななかった、というか日本以外を知らなかったというのもあるけれど。毎日何かにむかついていた気がする。けど、それをどう表現すればいいのかわからなかった。都会の生活はとても便利で必要なものがすぐに手に入るんだけど、乾いている。東京にいると、俺、俺、俺、お金、お金、お金、お金、そんな感じ。見せ掛けの欧米スタイルが氾濫している。

今はとにかく耐える時期だ、少し離れた場所からこの東京も含めた日本という国を見るために今は耐える。結果を出して証明する。英語が僕の世界を開く。英語が僕を守る唯一の防火壁だ。だから勉強する。他の科目はそこそこでいい。

心の中に平和を、平和という領域が常にあっていたい。そんなこと考えながら明日の試験の仕上げのために勉強に入る。

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。