• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

レッツノートもThinkpadも足下にも及ばない

アップルが発表した新しいラップトップコンピュータMacbook Air。


今まではレッツノートやThinkpadのモバイル向けの機種を見てすごいなーと思ってましたが、これが出た今それらは驚きに値しないものに成り下がった。

この薄さならば本を持ち運ぶ感覚で持ち歩けるし、スペック的にも全く問題がない。

追記:光学ドライブが付属しなかったり、有線LANが使えなかったりとモバイル機ならではの制約がありました。

さらに驚きなのは価格の安さ。
US$1700からの提供である。
日本でモバイルマシンを買おうと思ったら20万円は覚悟しなければ行けないが、これは定価がすでに20万円以下である。

僕はMacBookやMacBook Proが大きすぎるのに躊躇していた旧機種ユーザーがこれに移行していくと見ています。

それにしてもこれでますますPCを買う理由がなくなってしまったなー。

PS;これを書いた後、日本での販売価格を調べたら22万9千8百円となっている。現在の為替から計算するとこれはおかしい設定だ。

結局日本のIT業界は米国の真似だけをしていれば良いという位置づけで収益を上げるためだけの市場なのだろうか。
これにはアップルの製品を指示している自分も失望した。

これはぼったくり杉。
裁定取引をされても知らないぞ。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク