• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模擬面接 振り返り

損害保険の会社の説明会に参加して、模擬面接ってのを受けて来た。
といっても、面接官はこの会社の内定者でフィードバックを返すのは彼を含めて、参加している自分以外の学生3人。

自己PRやら、学生時代に力を入れた事、印象的なエピーソードと大変だった事、それに対してのように取り組んだか、自分のキャッチフレーズなどなど定番中の定番の質問だったんだが、うまく話せなかった。

練習が必要だと改めて認識した次第。
第一印象というのを書く項目があるのでそれぞれ紹介したいと思う。これを書いたのは自分と同じ就職活動をしている学生3人。

一人目「まじめな人、熱意のある人」

いい意味でも悪い意味でも、当たっている。
僕は確かにまじめに取り組むべき事には取り組みますが、意味を見いだせない時、モチベーションを失った瞬間にそれまでに大切だと思っていた事があっというまにどうでもいいことに変わる飽きっぽい所がある。

熱意を感じたというのは僕の虚栄心みたいのが熱意に見えたと推測。
今日の模擬面接では横で他の学生が見ているので、面接官に接する時以上に緊張をしてしまい、自分を良く見せなきゃと失敗を恐れる気持ちが無駄に働いた。
というのも、学業に打ち込んでこなかった自分にとって、他のそれなりに学業に打ち込んでいたであろう彼らに対してある種のコンプレックスのようなものがある。
僕自身は受験というものもほとんどしないに等しい状態で大学に進学しているので、受験勉強という厳しいハードルを潜り、さらに大学進学後も自分の専攻している学問に打ち込んでいる人というのはすごい人であり、純粋に勝てないと認めざるを得ない人と考えている。

そんな人たちとこれから戦っていかなくてはいけないシーンもあるわけで、少しでも自分を優位に立たせるためにどうしてもハッタリをかますような難しい言葉や無駄に長いスピーチをしてしまいます。

これはある意味、最重要課題であり、自分という人間をもっと受け入れると同時に、他人の事を気にしすぎないで言いたい事の8割程度で留めて話に含みを持たす。これが非常に重要だと感じております。

2人目「気の強そうな人」。
これも当たってますね。実際、初対面の人や目上の人には遠慮もするので強く当たる事はありません。友達同士で本音で語っているときは、かなり強気な話をしていると自分でも思います。まあそういう話で盛り上がれる友人がいるからこそこれはできるのだが。
気が強そうに見えても、緊張して自分の実力が出せないという弱い面も僕は持っていて、逆に言うと社会という厳しい環境の中で常にパフォーマンスを求められる中で、プレッシャーに屈してそのまま倒れていくのではないか?という危惧を持たれてしまうと痛い。

緊張下に置いても自分のパフォーマンスを発揮していけるよう精神状態を持つ事。これもまた渇望して今すぐ手に入れたいものの一つです。

3人目「多くを伝えようとする人」
これは第一印象というよりは面接を終えての印象かな。
実際、うまく話さなければって焦って、話さなくてもいい事をだらだらと話してわかりづらい内容になってしまったのがこういう印象に繋がったのかなと。

大学でプレゼンをしていても「自分が優れている人間だと思われたい」という意味のない虚栄心がだらだらとうざったいスピーチに繋がっていたりするので、話はわかりやすく簡潔にというのは常日頃自分に関係している問題点です。

こんな感じで振り返りつつ、改善しなければいけないことが山のようにあってどうしようって感じなのだが、緊張であるとか、それに伴う表情の硬さ、ジェスチャーの有無というのは場数を踏む事でまた感覚が戻ってくると思うのであまり心配していない。

面接以前のエントリシートで落ちた事は、去年に限って言えばほとんどなかったし、自分の中で緊急課題というのは前述した、虚栄心(コンプレックス)。これに尽きると思います。

自分は自分、他人は他人と心の底から理解できるようにならないと態度に表れないと思うので、バカの壁の応用で「自分と他人が異なる事と、自分にはない良さが他人にあるのと同時に、他人にはない良さがまた自分にもある」これを意識していきたいと思います。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。