• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

論理面の強化は万能ではなく、創造面も伸ばす必要がある、How?

自分は論理的な考え方が不足していると一年程前に気がついて、それ以来意識をして自分を変えようとしてきたのだけれど、どうもそれだけでは不十分ではないかと最近思う。

行動を起こす前に、結果を考えて、なぜそうなるのかを考えると時間がかかったり、そのリスクに躊躇をして何もできなくなるのではないか?
そのため自分はまずは行動を起こして、その過程で間違いも含めて修正をしていくやり方をとっていた。

これをやると行動を次々と起こせる反面、当初の目的から乖離したり、論理の穴が生まれてしまうことが多々ある。

要はバランス。
論理面のみの強化に終わらないよう、今まで美術館や博物館といった場所を退屈な場所として捉えるのではなく、インプットの場として足を伸ばそう。
それが創造性を発揮するためのインプットになる気がするから。

常に目的志向でいなくてはいけないのだけれど、その過程に創造性を盛り込む。
矛盾しているようなこの2つの要素をうまく融合できたとき、一回り成長できる気がする。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク