• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・シークレットを読み終えた 自分の向かう先など 読書感想+日記

ザ・シークレット
ザ・シークレット山川 紘矢 山川 亜希子 佐野 美代子


おすすめ平均 star
star「幸せの数え方」と「幸せになるために必要なこと」が書いてあります
star秘密の真相とは
star「今」という時代にぴったり
star気持ちを高揚させる効果はあるかも
star願望成就 加速しちゃうかも・・・

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ネットでは少し前から話題になり、書店でも売れているようです。
前回、紹介した宇宙を味方にしてお金に愛される法則 に共通するのですがザ・シークレットは本家で、多くの人物が登場し、彼らの発言がまとめられています。 日本ではまだ上映されていないのですが、内容的には映画をそのまま本にしているみたいです。映画のほうが断然わかりやすいのですが、本もなかなか悪くないです。

僕は両方見ることができたので、理解が深まり、今は引き寄せの法則に読み進んでいます。

「思考は現実化する」に通じるというのがまさに感想なんですが、同時に信じること、諦めないことの大切さを改めて認識をしました。

と、ここまで書くと順調な響きなんですが、今自分自身についてわからなくなってきて悩んでいます。

半年程前までの僕の結論はこんな感じでした。

お前は何者でどこに向かうのか?
-私の名前はxx。情報社会の歪みを正す者。私の向かう先はアメリカ合衆国、シリコンバレーであり、そのために今はシリコンバレーに最も近い視点で働くことができる日本の会社を探している。そのために御社(当時の第一志望の会社)を志望した。

今の自分の考えです。
あなたが何者かはわかったが、それでは再び職探しをする上でどこに向かうのか?
-情報産業は飽和に近づき、その恩恵はITバブルも去り、今後は著しい成長は期待できない。ITありきでの社会貢献は個人としてもできるので、意図的にそこを目指す理由は見当たらない。業界に関係なく、忙しく、過酷な環境でも、信頼できる仲間とならば自分は頑張れる人間だ、そして少人数精鋭の組織でまるで家族のような付き合いができる場所が自分は向いている気がする。だから私は御社(それがどこかわかりません)を志望する。

じゃあ他にどんなことに興味があるのって思って、金融であったり、不動産であったりと考えていますが、過去の経験から自分の適正を探っているだけなんですよね。。。

わかっちゃいるんだけど、行動が起こせない。だけど、全くだめなわけでもない。

今と昔の違いは自分という人間を受け入れ始めたこと。

ええ、わかっていますよ。他人よりも一回りも、二周りも遠回りをしていること。そしていわゆる頭がキレる人間ではないこともね。

それでも自分を受け入れ、自分の思考を現実化させるべく、進みます。

この本はそんな考えを持てる手助けをしてくれた気がする。

ザ・シークレット
山川 紘矢 山川 亜希子 佐野 美代子

4047915572

関連商品
引き寄せの法則 エイブラハムとの対話
引き寄せの法則
ザ・マスター・キー
すべての望みを引き寄せる法則 夢を叶えるタッピング
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
by G-Tools

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。