• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

外資系で働く (アエラムック) (ムック)



この本は最近見つけたブログの金融&コンサル+α 最強の就活で紹介されていて偶然知りました。図書館に蔵書されていてすぐに予約をして一気に読破しました。

外資系で働く事をテーマに扱った本は他に、外資系トップの仕事力?経営プロフェッショナルはいかに自分を磨いたかなどが有名ですが、この本の良い所は現場で働く社員の話を中心に、キャリアアップとして良い面と悪い面の両方に光を当てて紹介してるところです。

正直、就職活動中にこの本を見つけられなかったのは不覚でした。。。記憶する限りではどこの本屋にも置いてなかったように思うのですが、古い本だから(といっても2005年発行だが)なのでしょうか。

大きな組織に興味を失った今も、外資系は魅力です。プロとしてのそこで働く人材のレベルの高さ、グローバルで培われたノウハウ、人脈を活用して顧客に提案をし、価値を創り上げる。
就職活動中に出会った人の中で僕が魅力をたくさん感じたのは外資系に勤める現場で働くエンジニアの方達でした。
新卒では入れませんでしたが、中途でもう一度チャレンジしてみたい。

隠れた良書だと思うので、ぜひ定期的に更新をして時代背景に即した内容でリニューアルし続けて欲しい本です。内容的には新卒の人を対象に初歩的な内容から紹介されていますが、転職を考える人にも参考になる本だと思います。

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク