• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

インターンが終わって、次は

内定先でのインターンも無事に終わりました。

インターンでは、自分が何もできないことがわかったのが一番大きかったと考えています。

大学で習うアカデミックな知識でもなく、趣味で取り組んできたITリテラシーでもなく、実務で必要とされる知識は思っていたものと異なるものでした。文系のコンピュータにほとんど触ってこなかった人をIT業界が採用する理由が少しわかりました。

また、説明会や面接で感じた社内の印象と実際に働いてみて感じた印象の違いも、今後社会人としてのキャリアを考える上で役に立つものとなりそうです。

インターンが終わり、一日空いて、一息ついた所で次は2ヶ月間に渡る勉強会が始まりました。

土曜日にその勉強会の開会式が開かれ、大学のすぐ近くにあるベルサール神田まで行きました。会場には300名の選考通過者が集まってきて、後で説明を聞いた所、応募者は500名だったとのことですから、倍率は1.6倍ということになります。

学生団体が運営するイベントへの応募として極めて高い倍率だったのではないでしょうか。

参加している学生は国内大学から海外の大学まで幅広く、多くの大学から来ていました。僕が前に在籍していた某マンモス大学からも参加者がいたようです。

当日はすでにグループ分けがされていて、自分が属するAMコースは全部で30チームが、IBコースは20チーム、それぞれ6人での構成になっていました。

僕の参加したチームは理系3人、文系2人、一人欠席で、それぞれの学年は大学院生、4年生、3年生でした。僕以外は全員、これから就職活動をする人たちです。

思った以上に初日から盛り上がり、笑いが絶えないチームでこれから2ヶ月間、かなり楽しめそうなチームになりそうです。

他のチームの参加者は、懇親会や休憩時間にざっと見渡した限りでは、外銀狙いという感じの方が多いように感じました。服装からして普通の就活生とは異なっていて、人間模様としてなかなか興味深かったです。

最後のグループ発表に向けて、基本土日はこれからほとんどがこの勉強会に当てられていく事になります。

将来のキャリアの選択肢として金融機関のIT部門に興味があること、そして資産運用に着いて利害関係のない学生同士で徹底的に考えてみたいこと、この2つの目標を満たす意味と、交流範囲を広げるという目標が果たせるように自分ができることは何かを考えて成長できればと思います。

明日は大学で留学生の歓迎パーティーがあるんで参加してきます。だいぶ英語も忘れてしまっているのでこれを期に勉強を再開するとしよう。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク