• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 世界最速のインディアン



原題 The Worlds Fastest Indian。珍しく日本タイトルがまともです。他に訳しようもないというのもありますが。。。

この映画はまさにヒューマンドラマそのもので、好きな事を追求し続ける事や、夢を実現するための情熱が込められています。
そしてニュージーランドにとても行きたくなりますw
ニュージーランドはオーストラリアよりもちょい南にある島国ですが、親日であり、英語が通じるので以前から興味を持っていました。


ニュージーランドはまた外国人の受け入れに寛容で長期滞在は一定以上のお金を債券に投資する事でビザが発行してもらえるみたいですし、最近だと留学生の受け入れでもメジャーになってきました。

日本人にも暮らしやすい場所みたいでぜひ一度行ってみたい。
そこに行って何をしたいかと言えばクルージングです。

もちろんクルーザーを買うのではなくて全てレンタルして海に乗り出すんです。沖合までそこそこに離れたら七輪を出してほたてを焼く。そしてそれをキッコーマンの醤油、それも一番グレードが高い特選丸大豆の醤油につけて食べたい。都会の邪気から解放されて自然との一体感を感じながら昼寝をする。

そんなささやかなバカンスに憧れています。

ところでこの映画、激しくニュージーランド訛りな役者が主人公なのですが、それに反するかのようにわかりやすいストーリーです。字幕なしで2回ほど見たらだいたい内容が把握できてしまった。

最後のテロップが素敵なので紹介。

Burt never gave making his bike go faster.
He returned to Bonneville nine times setting numerous land speed records.
Burt's 1967 record for streamlined motorcycles under 1000cc's still stands.

関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。