• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13歳からの投資のすすめ (単行本)



ウォーレンバフェットといいこの本の著者のティモシー オールセンといい、アメリカ合衆国という国は投資先進国すぎです。8歳から投資をはじめたって。。。8歳の時なんて自分はファミコンやっていただけです。

本の中でアメリカの銀行が提供する定期預金の金利が4%だとか当たり前のように出てきて、こいつらいいな。。。って思ったりするわけですが、これだけの土台が整っていても離婚をして慰謝料の支払いに追われる人や消費活動に励みすぎて蓄えなしという人が多数いるというのだから、それもまたすごい。

どの国にもいい所と悪い所はありますが、ここまで両極端な国というのは外からみてとてもおもしろいです。

この本や他の本でポートフォリオに債券を組み込んでリスク分散しましょうってアイディアがあるんだけれども、債券ってのはそんなにリスクが低いのだろうか。どこぞの知らん会社や国家に金を貸して利息を得てそれで分散になるのか少し疑問。

本の中身としては優等生が書いたマジメな仕上がりになっています。著者は将来、ファンドマネージャーになりたいらしいからぜひ頑張って欲しいなー。

第2のウォーレンバフェットが現れる日も遠くないかも?
関連記事

コメント

あまり参考にならないかもしれないけど。

債券の価格下落リスクは株式に比べたらかなり低リスクだと思われ。どの国も金利ってそんなに急激に上がらないものだし(新興国は別)。ちなみに日本の債券は格付けが低い。
リスク分散になる理由としては、例えば日本でいえば、円高になったら、日本株は下がる傾向にあるけど、円高になると輸入物価の下落→インフレの鎮静化→金利の低下で、債券市場の価格上昇につながるから、リスク分散になるといえばなる。まぁその他の要因もあるから、一概には言えないけど。
俺もまだまだ勉強中。
この本読んでみるね。
あっごめん。名前入れ忘れた。せおです。
>せおくん

僕は図書館でこの本を見つけたのだけれども、内容としては証券会社のパンフレットやその他もろもろの資産運用に書かれていることと大差はないので、お金を出して読むのは微妙かもしれないです。

いい意味でも、悪い意味でも優等生的な仕上がりになっているので。説教されている気分になりますw

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。