• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

きたみ りゅうじさんの本



週刊誌などで記事を連載しているきたみさんの本を読みました。4コマ漫画がうまくできていて今まで気になっていた人の本でした。

きたみさんは新卒で小さな規模のITの会社に入社後、転職。同じITの業界の会社にしては働きやすい場所に入ったもののその会社が3ヶ月で倒産。その後他社を経てフリーランスへ。今に至るという方です。 3kが業界標準にもなりつつあるIT業界ではフリーランスになって会社にピンハネされないで自分の懐に働きに見合った給料が入ることを夢見る人は多いみたいです。

ただフリーランスになったら今までは会社の名前があったからこそ信頼されて取れた仕事が、何の肩書きもない状態で自分が仕事を取らなければいけなくなるため大変になると書かれています。

業界研究本としてはなかなかいいのですが、少し文章が読みづらいので、1冊ぱらぱらめくって自分に合えば読んでみるといいと思います。

僕自身はと言えば友人経由で聞いてきた話とだいたい一致していたのでそれほど驚くことはありませんでした。どの業界でもそうだと思いますが、光ある所にまた闇もあるので、自分がそれを本当に好きで長期に渡って続けることができるか?を業界選びの際に考えるといいと思います。

特に物質的豊かさだけでは幸福は得られないこと。幸福を得てもそれにすぐに慣れてしまうことを早めに理解して、その価値観だけに縛られない生き方をするのが結局は一番だと僕は最近考えています。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク