• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

帰還しました

軽井沢から帰ってきました。2泊3日の滞在で、ゴルフも森林浴もさらには温泉まで満喫してきました。

都心で荒んだ心が癒され、邪気が抜けた気がしますw

滞在したホテルはとても静かな場所でかつロケーションも良く、概ね満足でした。

概ねと書いたのはサービスの質が二流だったからです。それなりのグレードの部屋に泊まったのですが、客の顔と名前は覚えないし、従業員が自分基準で物事を判断したりと統率があまり取れていないように感じました。

少し具体的を書くと、
1、「以前来たことのあるお客様とのことでしたので、部屋のご説明はさせていただかなくてもよろしいかと思っていました」という対応があったこと。(こちらとしては以前よりもグレードの高い部屋を手配していて、かつホテルの改装後というのもあり部屋そのものの仕組みは全くわからない。もちろん以前来たのは改装前の5年以上前というのは伝えていたにもかわわらずです。)

2、ホテル内で食事をして会計をする時に、レジのシステムが立ち上がっていない。またそのシステムの使い方を詳細に従業員が理解していないため、結果として客が不毛に待たされる。(主観もあると思いますが、ここはファミレスではありません。質の低いサービスを提供する言い訳は通用しないはずです。)

3、人の話を聞いていない。コーヒーを注文したのにビールが出てくる。客がお願いしたことができるできないに関係なく実行できないことがある。(できないことが問題なのではありません。)

共通する不満として従業員間の「私はアルバイトだから」気質が円満していると書けば通じるでしょうか。歴史があるホテルだけにとても残念です。

ただそれ以外は大満足で、部屋のインテリアや設備は最高でした。シャープの液晶が置いてあって、暇なときはそれで野球中継なんぞを満喫していました。ソファーの質がとても良く、長時間座っても疲れないのは感激でした。

概ね満足なホテルだけに今後が少し心配です。新しい業者がどんどん参入してホテルの数も増えていますから油断すると淘汰されてしまうのではないか?と思うほどです。

これからのホテル経営はリッツカールトンのように従業員自身が考えて、行動の指針をカードにまとめて共有できる体制がないと生き残りは厳しいのではないでしょうか。たとえ基盤が優れていても、そこで働く人の方向性がバラバラではいかんと思うです。

今回、実に6年ほどぶりに軽井沢に行ったことになるのですが、街の雰囲気もだいぶ変わりました。近代的な建物が増えましたし、飲食店もかなり充実してきたのではないかと感じました。

その影響なのか、明らかに観光客のみをターゲットにしている店と、地元の人が行く店、そして頑固経営で本物のみを提供する店ときっちり分かれていました。

観光客のみをターゲットにしている店は価格設定が高めで質はイマイチ。例えば雑貨屋や衣類を売っている店は東京で売っているものを値段だけ高くしているだけの店が大半でした。

地元の人が行く店は値段がとても安くて、飲食店であれば東京で食べれば軽く2倍は取られるであろう値段設定になっています。当然、ガイドブックにも載らない店なのでタクシーの運転手の方などの口コミを元に行くことになります。観光客向けの店でないのでインテリアや立地条件は劣るのですが、味はおいしいし値段もすごく安いのでそういったことにこだわらなければ満足ができます。

頑固経営の店は素人にはお勧めできないオーラが漂っていますw 接客する気がなさげかと思えば、質問をちょいとすると熱く語りだしたり、何も言わないのにこれも買っていけと言ってきたりと相当の自信を持ってモノを売っている店が多いです。飲食物を売っている店にこの系統が多く、実際、確かに質は高いです。

昔も今も変わらない認識だと感じたのは「軽井沢は観光をする場所ではない」ということ。

スポーツをはじめ、温泉など特定の場所でゆっくりと時間を過ごすことで豊かさを感じる場所というのは今も昔も同じだと感じました。だからこそ別荘地としてステータスを今も維持できるのだと思います。

ちなみに今回はゴルフをしたのですが、18ホール無事に完走しました。父と二人でスコアもつけずにゴルフを楽しむことのみに集中した結果、二人とも5年以上プレーしていないにも関わらず、すぐにカンが戻ってきました。といってもうまいわけではなく、きちんと玉にクラブが当たって一つ一つのホールを消化していけるという意味ですがw

ゴルフブームはすでに去っていますから、他に来ているお客さんは全員「ゴルフが本当に好き」という人ばかりでした。一人で回っている人もたくさんいましたし、「君はうまくなるよ」なんて声をかけてくるフレンドリーな人もいたり、とても楽しい時間でした。

休暇前ということもあってか、この時期の軽井沢はどこにいっても空いています。行きは車で東京から埼玉を出る途中で交通事故による渋滞に巻き込まれるものの、地上に逃げて昼食をすませて一つ先の入り口から入り直し、渋滞をかわした結果、3時間30分ほどで着きました。

ゴルフにした時も朝5時起きで行って、他に来ていたのは3人ぐらいでしたから、かなり空いている方だと思います。

飲食店でも並ぶことなく、すぐに食事が出来た店がほとんどでした。

帰り、東京に戻って来るときは、やや混んできましたが、それでも上りの道路は空いていて3時間で帰って来れました。

現地では夜は19度ぐらいまで気温が落ち、日中でも15度がいいところ、かつ晴れた日は湿気もほとんどないため、まさに避暑地としてのパフォーマンスを発揮していました。なので今、自宅でこの記事を書いていてかなり蒸し暑く感じます。すぐに慣れると思いますがw

今回の旅行のために買ったガイドブックがあるんですが、欲しい人いますかね?

今年の夏に軽井沢に行く人なら役に立つと思われる情報がのっているのですが、特に需要がなければオークションにでも出そうと思っています。

今から1週間待ちますので、このブログの読者でなおかつ、今年の夏に軽井沢に行こうと考えている人はプロフィール欄に晒したメールアドレスまで応募どうぞ。






関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク