• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

インターンの詳細が決定

ブログの左上にプロフィールなんてものを載せてみました。今の自分を簡潔に現していると思います。AOLで取得したアカウントが激しく放置状態なのでブログ専用のアドレスとして公開してみましたw

さて今日は内定先のインターンの話です。

人事の方からメールで連絡が来て、それを読むにどうやら給料まで出る模様。さらに交通費まで支給してくれるそうです。

自分としては給料なしでやる気だったので驚きです。もちろん地方のアルバイト並みの時給ではあるのですが、成長の場を与えてくれて、かつ給料まで出してくれるというのが驚きです。

日々の業務だけでも忙しいにも関わらず、一人の内定者にすぎない自分を受け入れてくれることにひたすら感謝です。 スケジュールとしては今月末から15日間weekdayを働くことになりました。17日にアメリカ合衆国に向けて出国ですから、バランスよく働いて、短期留学とも干渉しないですみそうです。

その合間には某ベンチャー企業の内定者向け研修に参加させてもらうことが決まっていて楽しみです。この会社はユニークな制度と採用を取っていて、とても魅力的だったのですが、小さな理由で受けずじまいで、悩んでいる間に他の会社(=内定先)から内定が出てしまいました。

選考を受けなかった人間にも声をかけて受け入れてくれる懐の深さにただ感銘を受けるばかり。

研修の内容は一般教養からはじまり、最終的にはビジョナリーカンパニーになるための心構えを教えてもらえるようです。
全部で12回ぐらいの研修をそれぞれ2回から3回実施し、全ての研修を外部の大学生に開放しています。


ビジョナリーカンパニーというのはビジネス書で有名な本のタイトルで飛躍する企業についてまとめられた本です。



最近になって最新版のビジョナリー・ピープルというのが出たそうでいずれこの本も読んでみようと思います。

同シリーズの1と2の違いは、1は元々偉大な企業だったけれど切り口が斬新ということで話題になった本で、2は元々は偉大ではなかったけれどマドルスルーしていく過程でビジョナリーカンパニーになった企業が紹介されています。

本に出てくる「針鼠の精神」や「適切な人をバスに乗せる」という考え方は、経営書としても参考になるし、就職活動をしている人なら自分の受けている会社がこれに当てはまるか確認すると会社研究がより進むのではないかと思います。

ところで話題は変わりますが、今週の木曜日から土曜日にかけて家族と軽井沢に行くことになりました。家族との旅行はこれが最後になるかもしれないと思い、最初は行く気が起きなかったのですが参加することに。

軽井沢で何をするのかと言えば、森林浴とゴルフをして楽しんでこようと思いますw 軽井沢には小さい頃からちょくちょく行っていて特別観光したい場所もないのでエグゼクティブもどきな生活をしてこようかと思ってますw
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク