• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

投資銀行―日本に大変化が起こる



サバイバルとしての金融―株価とは何か・企業買収は悪いことかでおなじみの岩崎さんの本です。

岩崎さんの何がいいって文章がものすごくわかりやすいところです。そしてストーリーのある文章なので読んでいて楽しい。

日本に大変化が起こるというのは、日本に新規参入したKKRというM&Aを専門としたファンドに期待を込めているのだと思います。

確かに日本でのM&Aの成功ケースはまだ数が少ないし、それを専門とするプロが参入することで日本の市場がさらに効率化するのであれば大変化ですね。

ただこういった組織が日本市場でも活動を本格化すると、既存の市場の歪みを見つけてお金儲けをしているデイトレーダーのような人たちは撤退を余儀なくされるかもしれませんw なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]を読んだ人はわかると思いますが、小額のトレードで利益を出している間はいいのですが、規模の大きな取引をするようになるとそれだけハイリスクかつ手数料も高くなるので一度の失敗が大きく響くようになります。 結局、時間のある学生やニートの人が小遣い片手にギャンブル感覚で楽しむのはいいと思うのですが、一攫千金を狙ってデイトレーダーになるのはあまり賢くない選択だと僕は本を読んで感じてやめました。単純にヘタレですなw

会社は株主のもので、株価を上げていくことの出来ない経営者は敵対的買収をしかけられても仕方がない(自業自得)といのはとても同意です。自社の株を買うことで、先行投資をしてくれた株主に対して短期的ならまだしも、長期的に株価を上げることができない経営者というのは失格という指摘もものすごく腑に落ちてきます。

なんで最近こんな本ばかり読むかというと内定先は小さなベンチャーでありながらすでにIPOをしている会社なんですね。社長曰く「株価を上げるためには東証二部に上場するしかない」と言っていたのが印象的で、そういった仕事を専門とする証券会社や銀行の投資銀行業務に興味を持ったのがきっかけです。

投資銀行の業界研究本としても知的好奇心を満たす読み物としてもとてもエキサイティングな本です。おすすめ。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク