• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

インターンの筆記で落ちる キャリアについて考える

就職活動で知った会社で魅力を感じていたので応募。

論理力を試されるオリジナルの問題が出されて、頑張ってみたがだめだった。

論理力が自分には致命的に足りない!が、練習次第でなんとでもなるので焦ってはいない。 これでコンサルタントと名前のつくところからは全てNOと言われ、現時点での素質はないということがわかった。

大半の人のコンサルタントの定義は戦略コンサルタントだと思うのだが、僕がなりたいのはITコンサルタントで顧客の抱える複雑なシステムを最適化したり、新規で構築する際のお手伝いをする仕事をやりたいと願っている。

今思えばあれほど行くまいと思っていたIT業界で、しかもシステムエンジニアとして働くことになるとは想定外である。

吹っ切れた分、やってやるぜという新しい闘志も生まれてきた。

ベンチャーの世界で何が起きるのか今から楽しみだ。

ちなみにインターンを諦めたのではなく、いつでも内定先でインターンはできるので、他の会社を経験しておこうかなぁと思って応募をしたのが本音です。ただ、応募した先の話を聞くととても魅力的に感じて行きたくなるのは不思議。単に話がうまいだけという指摘もあるが。。。。。


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク