• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

ウォールストリート投資銀行残酷日記 読了 下品だがおもしろい



絶版なのでしょうか?投資銀行に就職を考えている人は読んでみるといいと思います。ここに書かれていることがどれだけ日本の投資銀行でも通用するのか興味がありますね。

と思ったら焼き直されていました。タイトルが異なるのでわからなかった。。。


原書があるのですが、日本語訳が上手なので日本版でも楽しめます。



投資銀行青春白書よりもこちらのほうが読み応えがあり、業界研究にもなり価値があると僕は感じました。

ただ、タイトルにも書いた通り下品な表現があるので、そういうのにアレルギーがある人は読破できないかもしれません。翻訳がうまく英語の毒のある言葉をうまく日本語で表現できています。

翻訳本は回りくどい表現ばかりで好きではないのですが、この本はおすすめですね。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク