• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

神保町駅周辺の本屋

神田神保町。本が好きな人なら誰もが憧れる街。

先日の東京駅周辺の本屋に続き、神保町駅周辺の本屋についてまとめてみようと思います。古書については全く無知のため新品の本を扱っている本屋限定です。 書泉ブックマート
大学から最も近い場所にある本屋ということも影響してか、マニアックな本が大変充実している。ニッチな市場も含めたスポーツ、アニメ(小説含む)はこの地域一番の充実度かもしれない。また秋葉原に近いことも影響してか、明らかに秋葉原経由で来たと思われる客がいる。

書泉ゲレンデ
書泉ブックマートから徒歩で5分も歩かない位置にある同系列の店。ここは学術的な本がめちゃくちゃ充実しています。単に充実しているだけでなく、ナレッジウォーカーの間で支持をされる良書を中心に扱っていて非常に質の高い品揃えになっている。そのため、店内は「俺は(私は)わかっている」というような雰囲気の客が多い。一般的な本屋が本の大きさの種類(大型本や文庫)で分けるのに対して、この店はジャンルで分けています。そのため目的を持って本を探している人には一度に関連書籍が把握でき、かつ有名ではなくても良書とされる本が中心に並んでいるため満足度が高い。私が一番気に入っている店です。

三省堂 神田本店
神保町周辺一の売り場面積を誇る本屋。現在改装中の影響もありそのポテンシャルが存分に発揮されていないが、広く浅く扱っている。話題の本や雑誌であればまず間違いなく手に入る。大量に在庫を仕入れているため売り切れの心配もあまりする必要はない。

岩波ブックセンター
おっさん、年配者にターゲットを絞っている。若者が好む話題の本や雑誌を排除し、時代小説や固い内容を中心に揃えている。そのためか客はおっさんしかいない。隠居生活に入ったら本屋通いも悪くないと思わせられる店。

KITAZAWA BOOK STORE
その独特な雰囲気に普通の店との違いが一目でわかる店。一階は絵本を売っていて、二階では古洋書を扱っています。外国人がよろこびそうな店です。日本の絵本を買って帰りたいと言われたらここにつれてくれば満足してもらえるのではないでしょうか。建築物、インテリアとしても楽しめる店です。

以上、先週末に回ってきたインプレッションをまとめました。東京駅周辺の本屋よりも在庫が充実しているだけでなく、本を探しやすい売り場構成になっている店が多く、目的を持って来店をすればかなりよい買いものが神保町ではできます。逆に東京駅周辺は目的を持って探すというよりは、最近なんかいい本ない?と新たな知的好奇心を求めて来店するような感じです。

洋書を買うときは丸善に、勉強関連の本を求めるときは書泉ゲレンデというのが今後のスタイルになりそうです。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク