• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

東京駅周辺の本屋

気になっていた本を斜め読みしようと思って本屋を回るものの見つからないorすごく見つけづらい。帰宅して調べてみたらほとんどの本は図書館に蔵書されてましたとさorz

それではつまらないので一通り回って自分の中でまとめた本屋の違いを書いてみる。

丸善
洋書の蔵書が充実。おそらく一番数があると思います。といっても本国で売られている本屋には当然劣りますがw 雑誌や話題の本ならばまず間違いなく手に入ります。

八重洲ブックセンター
以前も書きましたが、座って読めるコーナーがあり、取り組みが評価できます。本を探すときに店員に直接聞かないといけないのですが、混んでいるときは対応が追いつかずやや不満。新書の蔵書がとても充実している。でも売れてない本もたくさん置きっぱなしになっていて自分が欲しい本は見つけられなかったorz

三省堂 有楽町店
ここは広く浅く売っていますね。話題の本をすぐに手に入れてしまいたいときにどうぞ。近くにはビックカメラもありますので買い物の帰りに寄ってみるのもいいかもしれません。

今後のアイディア

1、せっかくだから神田周辺の本屋についてもまとめてみる。

2、図書館の蔵書検索。借りられそうなのは予約してしまう。返却の目処がたたない本をお金を出して買えばよい。もちろん図書館で借りても気に入ったら買う。

今日のコメント

世の中には本当に情報が氾濫している。それも役に立たない情報が圧倒的に多い。これは物事の本質と捉えたいと願う人にとって非常に迷惑。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク