• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

就職活動のまとめ 全般

昨日、選考落ちの電話をもらったことでふっ切れたました。就職活動を終わらせます。今後は自己啓発セミナーと言って、社会人や学部3年生を対象にした定期的に開かれる勉強会にのみ参加をしようと思います。

今日は自分の就職活動の総まとめです。自分が考えるどんな人が勝って、どんな人が負けるのか。ちなみに私は負けましたwでも内定先は気に入っているのでそこで頑張って転職を目指すという選択肢もありますので大丈夫です。 それではまとめていきたいと思います。

1、学歴について
高ければ高い程望ましい、仮に国内の一流大学の学生でもその上には海外の大学(ハーバードやビジネススクール)がいる。さらにその上にはMBAを終えて帰ってきた社会人経験のある人や博士課程を終えた人なんてものもいる。

学歴が国内2流以下ならば、血のにじむような努力が必要。具体的には2年生の夏ぐらいから動いてもおかしくないくらい。勉強会やイベントに参加して意識を高めておきましょう。

2、面接で自分が勝てた時、負けた時
自分を偽るんじゃなくて、自己主張がある人の場合は自分を意図的に押さえる。そうすることでまとまりのある発言に映るようです。言わなければいけない事は含まなければいけませんが、言わなくてもいい事は黙っておくべき。

3、大学の勉強について
はっきりいって専攻も学んできた事も対して意味をなさない。逆に中途半端に頑張ってきた人の方が潰しが効かない人間になってしまい採用されにくいように感じた。特に理系の人間は僕も含めてこの傾向が強いので気をつけて。学生=未熟で危なっかしいぐらいの人が逆に魅力があるようです。あくまで私の主観ですが。。。どうしても大学の勉強を徹底して頑張りたいならGPA4.0ぐらいは当たり前に取って下さい。私はGPA3.0も届きませんが、このことを聞かれた事は一度もありません。面接官にはどうでもいい話だからだと思います。彼らが興味があるのはあなたが入社して活躍できるのか?一緒に働きたいと思える人か?ということだけです。自分が面接官になった時にどんな人が欲しいのかを考えてみて下さい。

4、筆記対策
私は6割が取れればいいやと思ってその程度の勉強で終わらせていました。基本、満点を取らないといけません。それができないなら9割以上を目指す事。厳しいですが筆記を選考に加えている企業ではそれぐらいやらないと勝てないと感じました。筆記の対策は3年生になったら問題集を買ってすぐに始めて下さい。年が明けてから始めても手遅れです。活動が忙しくなるため勉強の時間が確保できなくなると思います。

5、本を読んでおいて下さい。
在学中に読んだ本の数が100冊以下というのはかなりやばいと思って下さい。数が全てではありませんが、探究心や教養のない人になってしまいます。時間がある今の時期だからこそぜひ読書をしましょう。読書の習慣がない人は雑誌からでも構いません。興味を持ったら関連する本を片っ端から読破していきましょう。そうすれば100冊なんてあっという間です。

6、英語について
苦手な人は無理をしてやらなくても大丈夫です。外資系に行ったとしても顧客の大半は日本人ですし、そもそもそんな環境に入るぐらいなら他にできる人間はゴロゴロいるのが現実です。ただ500点ぐらいは最低でも取れていた方がいいと思います。初級用の問題集を1冊買ってやりこめばすぐにいくと思います。イディオム集や単語集は買わなくていいです。1冊の本をやりこむほうが実力がつきます。

7、ITリテラシーについて
基本WindowsですがMacの人も大丈夫だと思います。今の現役世代は携帯電話やインターネットを使い始めた時にインフラが整っていて当たり前のようにそれを使いこなしていると思うのであまり心配しなくてもいいかと。大学でプレゼンやレポートをやらなければいけない時などに、フル活用して使い方を覚えてしまいましょう。

8、サークル活動、課外活動、留学(短期含む)、インターンシップ
絶対やるべき。これをやらずにコミュニケーションやチームワークをどこで学ぶのでしょうか。「研究室に入ってからチームワークの必要性を感じた。。。。」では手遅れです。

9、アルバイト
やってもやらなくてもどちらでもいいです。というのも8で含んだ中にバイトで学ぶ事がほとんど含まれるのですね。基本バイトは裁量の高い仕事をやらせてもらえませんから、そんなことに時間を費やすなら給料の出るインターンシップをやったほうがよっぽど勉強になるし稼ぎもいいです。今まで見た中ですが交通費がでないにしても時給千円以下のインターンシップは見た事がないです。よっぽど地方に住んでいる人でなければ充分稼げる内容になるのではないでしょうか。

10、大学院進学
これは一流の大学院以外なら行く意味ないです。それはモラトリアムでしかありません。なので二流以下の大学に所属していて大学院に行こうかなと思っている人は必ずロンダリングを目指す事。

以上、自分の就職活動を振り返って、1年生の頃からを考え直してやっておけばよかったと思う事を含みました。共通して言える事は自主自立の精神を身につけよということです。これができない人は社会に出ても上から言われた事をこなすだけの人間で終わるように思います。自分の生活や性格を改善できるのは若い間だけです。ぜひ意識してみて欲しいと思います。

テクノラティ タグ :
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク