• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

思い通りに人生は進まないですね

すでに報告しているように今期の履修は全て他学部のそして2部で履修をする決意を固めて行動をしてきました。

許可を全ての先生からもらいあとは自分の学部長から許可のサインをもらうのみとなって、ここで邪魔が入りました。

「なぜこれだけ多くの科目を2部で履修するのか?」と聞かれ「就職活動と勉強を両立するためです。」と答えたら学部長が怒りだしてしまいました。

何が気に入らないんだorz リアルにバカの壁です。彼は電電公社に長く勤めた後、大学教授としてこの学部にきた企業出身者です。話も通じやすいかと思ったのですが、企業の中の研究者として活動してきたという背景を考慮するべきでした。

彼にとって大学時代に最も大事な事は勉強と研究であり、就職活動なぞ二の次、推薦で適当に取れとでも言いたげな雰囲気でした。

自分の今後の学生生活をどのように考えているかを説明し、企業で働いている社会人講師の話は自分の学部では聞けないということをアピールした結果、最後は一定の理解を示し、「事務部と相談するから、あさってまた来て欲しい」と言われ糸冬。

ただでさえ忙しいこの時期によけいな事で邪魔をしないで欲しいです。

彼が僕の履修を阻止して何を手に入れるのか?何も手に入れません。

彼に何か不都合が起きるのか?何も起きません。ただ紙切れに自分のサインを入れるだけです。

「学部卒業として送り出す意味がなくなる」とかわけわからないことを言い出して、バカの壁をどうやって取り除けばいいか途方に暮れました。

企業からすれば誰がどの大学を出ているかなんてどうでもいい話のはずです。

「私は○○大学を卒業しました。」ぐらいは聞かれて答えるかもしれませんが、どの学部でどの専攻かなんて社会に出たらどうでもいい話だと思いませんか?

これと似た内容を前の大学でも言われましたが、大学と専攻を聞かれる事はあっても、それ以上の踏み込んだ内容「何をどれだけ学んだか」なんてその業界(建築)にでも進まない限り聞かれないんですよ。

情報系の企業を受けていても卒業研究の話なんて聞かれた事ありません。そこまで選考が進まなかっただけかもしれませんが、そういう話題を含んだ事もほとんどないです。

僕は全く理解できない。「就職活動と勉強を両立したい」ことの何が悪いのでしょうか?教えて欲しい。それを邪魔してあなたは何を得るのかを。

卒業生の品質?一流大学を卒業してもニートになったり、3年で会社を辞めたり、不祥事を起こす人はたくさんいますよ?

そしてそういったことが起こったからといてその大学の評価が著しく変わってしまう事なんてありません。

時が経てばすぐに忘れ去られていきます。そういうものです。

なのに、この学部長は何が気に入らないのか全く不明。学生の邪魔をすることが生き甲斐?いい成績を修めた学生だけがいい子扱い?

馬鹿げている。うわべを評価することよりも本質を見極める事の方がよっぽど重要なはずなのに。

アメリカだったらこんな小さな事で邪魔が入るなんてないだろうなぁ。。。自分のいい所をどんどん伸ばして、他人との違いを前提にお互いが切磋琢磨をしていく。

そんな場所に行けるように、今の全ては修行の段階と考えるようにしています。

それにしてもここまで、留学の邪魔、他学部履修の邪魔とことごとく自分の学部は邪魔をするのが好きなようですね。

さすがの自分もなんだよ!って思ってしまいます。最近毎日が充実していただけに何か、投げ出してしまいたくなるような感情さえ芽生えてきました。

明日は志望している企業の最終面接だというのにこんなネガティブな感情で臨む事を考えると不安になってきました。なんとか気持ちを切り替えねば。。。。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク