• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗剤と柔軟剤 結論が出た

いつの間にかアクセスが1000超えました。僕のブログを読んでくれている皆さんありがとうございます。皆さんが感じた事、疑問に感じた事はコメント欄より書き込んでくれると僕の勉強にもなるし、他に読んでいる人にも何かしらのきっかけになると思うのでよろしく。

さて、かねてよりこだわってきた洗剤と柔軟剤なのですが、ダウニー+Tideは宗教であることが自分の中で確定したので報告。 いままで石けんベースの液体洗剤、花王やライオンから発売されている柔軟剤ほとんどを試しましたが何一つして満足できる結果が得られませんでした。

部屋干ししても嫌な臭いが乾かしている間に湧いてきたり、ぞうきんのようにバリバリに固い仕上がりになってしまったりしていてうんざりしていました。

国産の柔軟剤はもやは存在価値なし?と思い、アメリカでホームステイした時にその仕上がりの効果に感動したダウニーを輸入しているお店から購入し、それを使ってきてある程度は満足できるようになりました。

今日、生活品を買うために地元のホームセンターで洗剤やら掃除用具やら買ってきたのですが、そのホームセンターの独自ブランドで柔軟剤が2kgで200円で売っているんですね。

もちろん液体タイプです。3キロのダウニーを2千円程で買っていますから、コストは8分の1ぐらい?ちゃんと計算していませんがとにかく安いと思い衝動買いをしました。

気に入らなくても200円なら捨てればいいやと思ったのです。

結論から言うとこれで何ら問題ないと感じました。柔軟効果がやや弱いですが、通常使用料の2倍使う事でそれなりに柔らかくなってくれますし、臭いもそれほどきつくないです。

ダウニーとの仕上がりでは若干劣りますが、この値段でここまでできるならかなり合格点です。

その後Tideとダウニーの組み合わせで洗濯をして、さきほど仕上がった所なのですが、日本の洗剤とそれほど仕上がりに差はないですね。香りは若干いいかな?とは思いますが、香りをつけたいなら乾燥機にかけてシートタイプのダウニーを使った方が効果があると感じました。

ちなみに今まで使っていたのは日本のプロクター・アンド・ギャンブルが出しているボールドの液体タイプの洗剤。柔軟剤が最初から入っているやつです。これにダウニーを足して洗っていたのですが、この組み合わせでかなり満足がいく完成度が得られていました。

特にタオルは半永久的に使えるのでは?と思えるほどソフトな仕上がりになってくれますし、ネットで書かれているように一度使うと戻れないというのは本当だと感じたわけです。

今後の方向としては、洗剤はこのボールドを買うか、柔軟剤が入っていないアリエールを試そうと思います。そして柔軟剤はホームセンターの200円のやつを使用。乾燥時はダウニーのシートタイプの柔軟剤を使おうと思います。

約2ヶ月をかけていろいろ試したわけですが、花王やライオンを排除して最初から国際標準にこだわって選んだのが効いたようです。

プロクター・アンド・ギャンブルの製品は素晴らしいです。洗濯をするという行為に楽しみを見いだす事ができました。

そして自分の中で洗濯のスタイルを確立する事ができ、今後は迷う必要がなくなったので楽になります。見せに行っても買う物が最初から決まっているのですから、時間に無駄がありません。そしてコストも以前よりも削減できそうです。

以上、共有しておきたかったので書きました。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。