• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

リアルに大学の友達に選考で会う

なんでいるんだー。

語学研修に参加した時に知り合った大学の友達が第二志望の会社のGD会場に来ていました。帰る時まで彼は気がつかなかったそうですが、せっかっくなので帰りに情報交換してきました。

彼はすでに内定が出ていて、本命の企業の選考もいい感じにすすんでいるとのこと。ぜひ健闘して欲しいなー。





MBAの勉強をしてコンサルタントになることが彼の夢で、その踏み台に出来るような企業を探しているという。自分も最初はそんな感じで選んでいたなーと思い出す。今はMBAはどうでもよくなってしまいましたが。。。

コンサルタントという仕事そのものに魅力を感じなくなってしまいました。コンサルタントがいなくても、自立力を自分で身につけて会社に貢献できる人間になりたいと思うからです。

さてGDそのものの手応えですが、多分落ちました。

問題は昨年と全く同じですが、自分はグループの中で唯一違う回答を選び、それに対する自信もありましたが、まわりがバカの壁で動いていてどうにもならないと感じ取り、すぐに折れて同化したからです。

結論から言うと、コンサルタントを受けている人よりも考えが浅いし、結論ありきの話し方が出来ない人が多かった。そのくせやたらしゃべりたがるんですね。

根拠のない発言は全力で潰してきましたがどうでしょう。正直説明会を聞いたときは行きたいと思っていたのですが、徹底した成果主義、そして受けにきている周りの人間を知って疑問を感じるようになってきました。

もちろん全員が全員だめではなく、自分の隣に座っていた二人と正面に座っていた一人はまともな方で一緒に働きたいなぁと思えるような人でした。

6人グループ中、ハズレが二人いてその二人が能力がないにもかかわらず、やたら発言し、しかもまとまりのない話で時間を浪費したおかげで、自分の考えがほとんど言えずに終わりました。

ゆえにこれは無理だと判断したわけです。

結局、GD終了後発表の時間でもハズレの一人が発表し、自分がどのように発表をすればいいか提案をしたにもかかわらず自分のやり方を貫きロジックが弱いまとまりのない説明に終わってました。

結果としてグループ全体の印象をも下げたので本当に迷惑な人でした。二度と彼のような人とは会いたくないな。。。

これは予感なんですがこういう人に限って選考に通ってそうなので腑に落ちません。もしそうならその程度の企業だったと納得もできますが、悔しいです。

さて気分を取り直して明日はキャリアコンサルタントと面談、午後は外資系ストレージ機器販売の企業説明会です。

早めに寝て体制万全で臨みます。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク