• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

シゴト適職診断結果

ITという言葉はどこにでも出てこないのであった!

出展は毎ナビです。

https://job.mycom.co.jp/08/pc/visitor/

以下結果。

シゴト適職診断結果
お名前:aesanul 様
 
ご回答いただきありがとうございました。
お答えいただいた内容に基づいて、あなたのパーソナリティ・価値観を他の人と比較し、客観的にみてあなたにどのような傾向があるかを分析しました。また、そこから導き出される、あなたに適性があると思われる職種を紹介します。
 
仕事をしていく上でのあなたの特徴
仕事をしていく際に予想される、あなたのパーソナリティ、潜在能力、適応しやすい環境

 
あなたの価値観について
あなたが仕事に何を求めるか、何に価値をおいているのか

常に新しいことに挑戦したいという欲求を持っています。そのため、未知の世界に飛び込んで、さまざまな体験をしたり、これまで誰も実行したこともないようなことに取り組むことも恐れません。
自分が知らない自国や他国の異なる文化に接することに関心があります。違う価値観を持つ人々から刺激を受け、自分を成長させたいと考えます。
 
あなたの職務適性について
パーソナリティ・価値観の結果から導き出された、あなたに適性があると思われる職種
↓あなたに向いている職種は
■経営企画
経営企画は、企業経営に関する専門的知見に基づき、社長や役員などのトップマネジメントをサポートする仕事である。ボーダーレス化・国際化が進み、次々と新しいビジネスモデルが登場するなど、企業を取りまく状況が複雑化している現在において、ますます重要度を増している。経営面・事業面での課題を洗い出したうえで、それをどのような方向で、どんなステップを踏んで解決していくか、具体的な戦略を策定していく。自社が何をコア・コンピタンス(重点・得意分野)とすべきか、それを実現するためにはどのような組織にすべきか、売上・利益の具体的な目標は――といった会社の将来を左右する重要な判断が委ねられる。経営陣と接する機会が多く、実際の経営哲学に触れることのできる仕事だ。


■貿易事務・海外事務
貿易事務・海外事務は、営業部門と連携しながら、輸出入業務が円滑に行えるようにサポートを行う。この部門をかかえる業種は、まず総合商社や専門商社。また、メーカーや国際物流や船舶・航空会社などでも、自社内に海外担当部署を設けているところが少なくない。具体的な仕事内容としては、通関業務や関税の申告を行う一方、船便・航空便の手配、それとあわせて国内運送や保管(倉庫)までも管理する。さらに、それにともなう支払い、代金回収も担当。さらにクレーム処理までも手がける。もちろん、海外とのやりとりは頻繁。自社の海外拠点との連絡はもちろん、現地の代理店や運輸業者、取引先などと、タイミングよく正確な意志疎通を行わなければならない。

■企画・商品開発
企画・商品開発は、顧客のニーズを汲み取り、“売れる”商品をカタチにしていく仕事。食品や家電などの消費材の場合は、世の中のトレンドや消費者の嗜好を汲み取ったうえで、それにジャストフィットする商品に仕上げなければならない。試作やモニター調査などを何度も繰りかえしながら、既存商品との差別化をはかって新しいものを実現する。また、それにふさわしい流通経路や販売戦略も練っていく。営業や生産部門をはじめとする各部門との連携、スーパーやコンビニなどの小売業者、ときには広告代理店など、さまざまな方面との関わりのなかで仕事をすることになる。一方、電子デバイスや化成品など工業品の場合は、業界(あるいは特定顧客企業)が求める機能・付加価値を実現する商品をめざしていく。価格面も含めた目標設定に対して、それを実際に商品化するための技術力がポイントになるので、研究部門や生産部門との連携が不可欠だ。バイヤー、店舗責任者、モニターを依頼する一般消費者など、非常に多くの人々との関わりを持つ仕事である。


■バイヤー
バイヤーの仕事は、商品あるいは原材料の調達。自社のコンセプトに合うモノ、そして同業他社と差別化ができる特長のあるモノを、なるべく安く仕入れることができるかが、腕の見せどころだ。たいていは、店舗での販売担当、店長を経験したのち、バイヤーに抜擢される。スーパーマーケットを例にとると、バイヤーは新鮮で安価な食材を仕入れる努力を行う一方で、低農薬や有機栽培などの付加価値商品を、生産者とともに開発するところから手がけている。また、乳製品や清涼飲料水、インスタント食品、菓子類、洗剤、衣料などのPB(プライベート・ブランド)の開発にも、バイヤーは関わっている。アパレルの場合は、トレンドを分析したうえで、売れ筋をチョイスしなければならない。ファミリー向け、OL向け、女子高校生向けなど、ターゲットが細分化しており、感度の高いリサーチが求められる。


■為替ディーラー・トレーダー
為替ディーラーは、為替相場で円・ドル・ユーロなどの通貨を売買する仕事。金融のエキスパートとして、顧客に代わって売買を行い、差益を生み出す役割だ。「ディーラー」と呼ばれる職種には、為替ディーラーのほか、外貨の貸借のなかで利ザヤを追及する「マネーディーラー」や、債券の売買を行う「債券ディーラー」などがある。一方、トレーダーは、顧客からの売買注文を受けて、ディーラーに取り次ぐ仕事。債券や株価の動向を常に把握して、自分が担当する顧客にタイミングよく情報提供を行わなければならない。金融のスペシャリストであると同時に、顧客との緊密な信頼関係を築く接客業としての側面を持つ。ディーラー、トレーダーともに、東京市場だけではなく海外市場にも対応しなければならない。夜中までディーリングルームで待機という場合もある。


 
診断結果はいかがでしたでしょうか?この適職診断を、あなたの効率の良い就職活動をサポートするためのツールとしてご活用いただければ幸いです。なお、回答の仕方によって、表示されるコメントの数は異なります。また、診断結果があなたの考えていたものと違う場合もあるかも知れませんが、あくまでも統計に基づいた客観的なデータの一つとしてお考え下さい。決して、あなたの将来の職業を限定するものではありません。
あなたの志向性に変化があると結果も変わってきます。しばらく時期をおいて再度受検してみてください。新たな自分が見つかるかも知れません。

このコンテンツに対するご意見、ご感想をお聞かせ下さい
※この画面をプリントアウトして保存しておくことをおすすめします。


Copyright (C) Mainichi Communications Inc.
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク