• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

30/7500

30/7500何の数字かわかりますか?

倍率なんです。昨日訪問したベンチャー企業の倍率です。実に100倍以上。

これに挑戦しようと思うわけです。 大和証券出身の3人の若者がはじめたこの会社は、毎年利益が2倍で上がり、残業代100%支給、360度評価制度など先進的な企業がすでに取り入れている制度をベンチャーレベルで実現しています。それもまだできて7年目の会社がです。

もともと證券会社という所にいたのが原因か、結果至上主義の最たる場を知ってしまった創業者の方は、それと反対の思想を実現する事で結果を出せないかと考えたそうです。毎日出社すると売り上げ一番から千番までの成績がコンピューターによってはじき出され表示される。勝つために何をしてもいい。勝つためなら相手の足を引っ張る。派閥に加わわらないと昇進が有利にならない。そして最も重要だと思うのですが。「人をだましてもいい」と考え始めるようになることを創業者の方が話しだしたとき確信しました。

やはり金融業界に行かなくてよかったと思いました。経理の勉強が出来るのは大変魅力なのですが、それ以前に人として大切な事をこの業界に行くと失ってしまう所でした。海外はわかりませんが、少なくとも日本においてはこのような考えが少なからず根底にあり、ユーザビリティの高いサービスなど到底実現不可能なわけです。
振込手数料が無料などアメリカでは当たり前。それも日本の新生銀行のように5回までとかいう制限もありませんし、10万円以上預けないといけないという縛りルールもありません。こんな当たり前のことすらできない日本の金融業界に行った所で自分は幸せになどなれるはずがなかったのです。両親のアドバイスには心から感謝しています。

話を戻します。そのベンチャー企業の選考についてなのですが、通常選考とは別にある、もっとも難易度が高そうな選考プロセスがあるのでそちらに申し込みました。

30/7500に勝てた時、今まで落とされてきた会社へのコンプレックスが完全に払拭できると思います。

ps:これはあくまでも私と私が経験してきたことによる主観です。金融業界のビジネスそのものはおもしろいとおもいますし、自分の人生の時間をかけて取り組む価値のある仕事だと思います。金融業界目指している人頑張って下さい!
関連記事

コメント

俺金融や・・・w

まぁ、金融会社の社内事情は総じてそんなもんだと思うよ。

ちょっと補足しておくと、手数料無料なのはアメリカの銀行等は1つの口座について管理手数料を取っているから無料なんだよ。日本は100円貯金している人も1000万円貯金している人も管理手数料なんて取らないから、100円だけ貯金する人を相手にすると銀行がかなり損をすることになるんだわ。そこで、利用毎に振り込み手数料等を取るわけ。
つまり、アメリカの銀行等(シティバンクとか)も実質、手数料をもらっているのと同じなわけなのです。

あと、去年の情報ですが、秋以降もメーカー、SE、証券は結構採用続けてたみたい。だから、今の時期は結構強気に受けてってもなんとかなると思う。

就職活動頑張ってください。

せおくん 

コメントありがとうございます。せおくんの気分を害したなら心より謝罪します。

管理手数料の話は初耳でした。指摘サンクスです。自分の場合、大学に交換留学にきた学生から「なんで俺の金下ろすのにこんなに手数料が取られるんだ?」と質問されたのがきっかけです。僕は背景まで確認が全然できてませんね。

今の時期正直内定がないのが辛いです。でも妥協しないで自分とベストマッチする会社を選べればいいなぁと思っております。

僕は今後社会人として活躍をしていくせお君を全力で応援します。
いゃいゃ、害したなんてそんなことないよ。

だいたいそんなものだろうからね、この業界w

俺も3月まで2chで言う『無い内定』w

自信喪失の連続。

それでも自分を奮い立たせて第一志望の会社の内定をゲット!(のちに第2志望の会社に行くことになるのだが・・w)

大丈夫!自信もって頑張って!

ここからは個人的な意見なんだけど、すべてが自分に合う会社なんて無いと思うんだ。

ここは妥協してもいいところ、これだけは妥協できないところの優先順位をつけるとよいと思います。

ちなみに、俺の妥協したくないものは
①仕事の内容
②サラリー
③キャリアの選択肢の多さ

妥協してもいいのは
①過酷な労働時間
②上下関係
③勤務地

こんな感じかな。
方向修正の道が見えてきたので、あとは本当に相性かなぁと思っています。

どの会社に行くにしても妥協しなくてはいけないことがあるよね。例えば自分はベンチャー企業も回っているけれど、ベンチャーに行ったらプライベートの充実はある程度諦めないといけなそう。

大手に行けば、英会話スクールに行きたければ会社がお金だしてくれたり、自己啓発セミナーが無料でバンバン受けられたり充実しているけど、ベンチャーほど早い成長は主体性を持って臨まないと流されてしまう。

自信を失っているわけではないけれど、どこに行っても一緒なのでは?と感じる事も最近はあります。

自分はすでに第一志望の会社には落ちているので、第二志望に準ずる会社で内定が取れるよう今後はベストを尽くします。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク