• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

さらに落ち着いてきた

僕は家族と同居しているのだけれども、一人暮らしに近い生活をしている。母親は病気で入院をしているし、父は自分の事務所で土日もほとんど働いているからだ。洗濯と料理と買い物は僕が家族の分までほとんど全部今はやっている。

だから今日も朝起きてから火事を淡々とこなしながら、冷静に今までの自分を考えていた。

もう一度不合格のメールを読み返して気がついた事がある。 採用の結果を今週中にお知らせするという事だったのだが、今日は土曜日。つまり金曜日ぎりぎりまで悩んでくれたという事だ。それは僕が非常にきわどいラインであったことを意味する。こいつどうしよう、いいところもあるけどここはだめだよなぁ、二次選考にすすめるべきか?いやここで落としてもいいだろう。。。こんな感じで悩んでくれたんだろう。

そしてついに結論が出る。メールの送信時刻はMar 23, 2007 8:48 PM。こんな時間まで残って悩んでくれていたんだ。。。

感謝の気持ちがこみ上げてくる。不合格は無念だが、自分の志望度が極めて高い会社で働く人が自分に時間を割いてここまで悩んでくれたという事実。

やはり自分はただの負け犬ではない。自分の取った行動はそんなに悪かったとは思えない。必ずしもITはだめというわけではないのではないか。

この後自分が一番いいと言ってくれた、人事の方にメールで不合格の理由を話せる範囲で聞いてみようと思います。絶対彼女は最後まで僕をプッシュしてくれたはずなんだ。。。


関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク