• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

AKG 14Pを新採用、MX55を解雇

You are fired!

愛してやまないゼンハイザーのイヤホンの部品を紛失して使えなくなったことから即座に新イヤホンをビックカメラ有楽町店で購入。

この店はいついっても混んでいるのが難点ですが、品ぞろいはかなりいいです。

自分のようなマニアックにこだわる人間に対しても提案ができるお店だと感じています。 いわゆるカナル型が世間では大人気なようだが、これはブームになる前、今から5年以上前から僕は友人と目を付けて使っていた。

その後外国製のイヤホンが安くていい!と聞き、色々試して現在に至るが、結論から言うとJPOPメインならSONYやオーディオテクニカのほうがいいと思う。

これらのメーカーは日本市場がメインターゲットであり、なおかつ日本メーカーであるがゆえにサウンドチェックや開発環境でも日常的にJPOPをテストしている確率がかなり高いと思われるからだ。

じゃあ外国製のイヤホンはどうなのか?ほぼ間違いなくJPOPでテストなんぞしていない。そして今現在の自分は全て英語の歌しか聴かなくなっているので自分には外国製のイヤホンのほうが都合がいい。

ということで国産メーカーが自分の場合はいつも選択肢から一番最初に消える。

いわゆるハイエンド商品にはあまり興味がなくて、消耗品であるイヤホンを安価でしかも納得できる品質を手に入れるためにどうすればいいのか?をいつもイヤホンを買う時に考えている。

その結論が今まで使ってきたゼンハイザーであり、今回買ったAKGの14P。

リンク貼っておくので、興味がある人は自分のイヤホン選びの選択肢に加えるとおもしろいかもです。



PS:ビックカメラのイヤホン売り場で女性をターゲットにしたイヤホンを発見。よく見ると販売元はエレコムというパソコン周辺機器を売っている会社。広告の出し方といい、デザインに特化した商品、豊富なカラーバリエーションなどうまい商売だなぁと思った。女性はデザインや触った感じ(感性?)を大切にすると聞くのでまさにターゲットへの提案と実際に購買動機が一致しているなぁと感じた。実際ホワイトはかなり売れていて、残りわずかになってました。おそらくipod(白)と組み合わせて買っているのでしょう。ちなみに今人気のカナルタイプのイヤホンです。デザイン重視なので音質はおざなりだと思われますが、女性がターゲット!という明確な戦略はわかりやすくていいのではないでしょうか。それをパソコン周辺機器会社がやったのが興味深かったです。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク