• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

無印良品のシルクネクタイ(2千円) VS スーツカンパニーで3千円のプリントTシャツ

流行というものは恐ろしい物で、素材を超えたポテンシャルを持っていることに気がつく。

先日の投稿で無印良品でシルクのネクタイが2千円で買えるこの時代に、あえてノーブランドの3千円や5千円のネクタイを買う理由が見当たらないことを含んだ。

そして本当にこの仮説が正しいのか?自分で確かめたいと思ったこと、イヤホンがぶっ壊れたので有楽町に行く機会がちょうどあったこともあり本日、もう一度他のネクタイを見た後で見てきた。 結論から言うと素材は素晴らしいが鮮やかさが弱いと感じた。もうちょっとわかりやすくいうと無難なデザインだが若い人向けかというと?なところも感じた。

いわゆるストライプ柄だけでなく、ドット柄もあるしシャープな柄もある。トータルでシルクという素材を安価に提案している無印良品のネクタイはものすごいポテンシャルを秘めていると考えていたが、ノーブランド3k円@スーツカンパニーのネクタイは流行路線としっかりした作りということを強みにしていて、十分戦っていけるレベルを持っているのではと感じた。

正直なところ今日無印良品で気に入った柄があれば、それを購入してスーツカンパニーで購入した物は受け取り時に返品してしまおうかと考えたのだが、同じような鮮やかな色を持つ柄がなかったため取り越し苦労に終わった。

ついでにスーツも見たが、近年の流行である細身路線を意識しながらもゆったり路線を捨てきれていない印象。ただし値段は上下それぞれ分けて販売されていて、上が1万円、下が5千円という安さである。

この価格帯のスーツにケチをつけることが間違っているのかもしれないが、就職活動や大学入学時に購入するスーツはこれでいいのでは?という印象を受けた。

柄はストライプ、無地グレー、無地黒の3種類があり、それぞれ上下バラバラに対応した物を購入できる。

就職活動が落ち着いたら、今の4年以上前のスーツを誰かにあげるなり、あるいはオークションに出すなりして処分して(売れるかどうかは疑問だが)メインの勝負スーツ+無印の激安スーツという2本構成(春、夏向け)にしようかと思っています。

ネクタイの柄はまだまだ研究が必要だと感じる。無印はあくまでもアルバイトの店員さんがメインだと思うので提案力には限界があるのかな?という疑問も時々ある。

無印のサービスも素晴らしいので大好きなのだけれどやはりプロに任せたいというのが自分の中にはある。

そのためにどのような雑誌が公平に書かれていて、現実的な提案をしているのか知る必要がある。もっともこれは図書館に行くと男性向けファッション雑誌が揃っているのでたいした問題でないと考えているが。。。。

現実的な提案というのは若い人でも特に新入社員や学生をターゲットにした、リーズナブルな提案ができているという意味である。

たぶんそんな雑誌ないのでは?という懐疑心が今がかなりあるが見ていないのでワカラソ。

スーツやネクタイ選びは社会人ならではの楽しみだと最近感じている。これは社会人になってから自分の新しい趣味になるのではという期待を今は感じ、それがおさえきれずに好奇心が毎日毎日増してきている。

就職活動は本当に楽しい。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク