• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知と健康への投資

もしも100万円があったら…。

子供の頃にこんなことを考えたことはないだろうか。

「お前100万円あったら何に使う?」

「そうだねー、ゲーム機買って、ゲーム買って、
漫画にお菓子を買うかな。
それだけ買っても余りそうだね。」

「俺はレゴを好きなだけ買って、
サッカーボールとユニフォームを買う。
シューズもナイキのやつを買う。」

こんな会話を友達同士でしていたのを覚えている。
昨日のことのようにね。。。

それから年月が流れて俺は大人になり、
自分の力で金を稼ぐことが出来るようになった。

で、当初金を稼いでも
欲しいものはないし
使い道もないってことで
主に稼いだお金は貯金をしていたんだ。

でも最近はどういったことにお金を使いたいか?ってのが明確で、
主に知識と健康に投資をしていきたいと考えている。

知への投資ってのは
新しいことを勉強するときに
それが上手に出来る人や実績がある人から学ぶための投資。

書籍であることもあるし、
セミナーであることもあるし、
人への投資であることもある。

大学までは皆自分の教養を伸ばすために
毎年100万円ぐらいは投資してきたはずなんだけど
なぜか大学を出ると
自分への投資がこの10分の1とか
全く投資をしなくなるって人もいる。

それで何に使っているのかと思うと、
旅行に行くだの、
家具を買うだの、
女遊びに使うだの、
要するに浪費にばっか使いはじめる。

旅行は知への投資なんじゃないですか?って思う人もいるかもしれんけど、
目的を伴わない旅行ってのはハッキリ言って浪費だと思う。

俺自身は世界の有名な都市に
幼少期から何度も旅行に連れて行ってもらっているが、
行く度に思うのは日本のほうがいいし、
国内旅行でもたまーに田舎に行ったりするからいいのであって、
生活の拠点は大都市に置いたほうが
刺激や人との交流も活発で楽しい。

昔、千葉の田舎町に住んでいた時は
日常の生活が田舎だから
そこから脱することがある種の旅行という感じで、
旅行に行き大都会の素晴らしさを堪能して
リフレッシュをして自宅に戻ってくるようなイメージ。

東京に出てきてからは
家具も、家も、調度品も一新されて
下手なスイートルームよりもよっぽど洗練された空間で
生活が出来るようになった。

実際にホテルのラウンジとか
スイートって呼ばれるような部屋を見ても
割と普通だなーという印象が多く、
これに一泊10万とか、20万というのは
適切な相場かもしれないけれど
それだったら自宅の設備を充実させたほうがいいなーというマインドになってしまうw

この辺りが成り上がりというか
成金根性丸出しなのかもしれないね。。。

話がずれてしまったけれど、
知への投資をして自分を常に進化させると
時代の変化とか、環境変動にやられて稼げなくなるってのは
まずなくなる。

稼げるようになったから俺はもう余裕だねっと
学ぶ姿勢を止めてしまうと
そっからはどんどん落ちていってしまうのだけれど、
自分を律しながら(息抜きはもちろんしていい)
常にもっとよく出来ないか?
もっと可能性を広げられないか?というマインドで
毎日を過ごしていけるといい。

この境地になかなか普通に生きていると達しないみたいで、
俺が見ている範囲だと
学生時代が成長曲線のピークって人が
見ていて非常に多い。

学生時代は優秀だったけど
今は普通だね…ってパターンは
それだけ俺が頑張って成長してこれた証でもあるし、
相手は相手で学びたくなるような環境、
自分を伸ばしても認めてもらえない行き詰まり感の現れでもあると思っていて、
それを見下すとかそーいう意味ではない。

あくまでも俯瞰をした時に
あーこの人成長鈍化してるなーと
感じてしまうということ。

知への投資が出来ないというのは
ある種のトラウマというか、
知に投資することでいかに素晴らしい未来が待っているかってのを
体感したことがないから出来ないんだと思ってる。

それでも最初はビクビクしながら
本を読んだり、
優れた結果を出している人に会いに行くというのをやって欲しい。

その過程で自分もこんな人になりたいという渇望が出てくるし、
その渇望が出てくればその人が何を学んで現在の地位まで辿り着いてきたかを
必然的に逆算するようになる。


で、それが出来て
多少なりとも憧れの人に近づけたら
お金の話で言えば
まず年収は上がるよね。

そして上がった年収をさらに知に投資をするから
さらに稼ぎが上がってしまう。

自分であればいくつものビジネス構造を管理していて、
一つ一つの収入は低くても
全体的に統率をすることで安定的な構造を作れている。

マンパワーだとか
管理の問題で
まだまだ満足できる品質に放ってないけど
じっくり時間を書けて成熟させれば
年収1000万というのは間違いなく突破すると思ってる。

当たり前のことを当たり前にやるというのかな。

それをやれば年収1000万は普通に行く。

ただ会社員でこれをやるのは難しいので、
なるべく若い間に起業をして
色々チャレンジをした方がいい。

起業というと会社を作る事と考えてしまう人が多いと思うが、
今は一人でもビジネスは問題なく回せるし、
一人で回して年収600万とか
700万ぐらいの構造を作るのはそれほど難しくない。

もちろん簡単でもないけどねw

ちゃんと学んで
たくさん行動をしてデータ検証すれば
やってやれないことはないんだなと。


で、知への投資に関してはこれぐらいにして
健康の話。

健康はさ。

お金稼いでても結構不幸な生活をしていたり、
タバコを吸って不健康な状態を維持している人も多くて
おろそかにされがちな分野。

でも健全な体があって
高いパフォーマンスが出せるし、
高いパフォーマンスの先に
収入の増加であったり
生活の充実というのがあると思うんだ。

俺だったら時間的な自由はあっても
平日誰かと時間を共有しようと思っても
平日動ける友人というのがいないw

そういう意味で孤独だし、
孤独に耐えられるというのがある種の起業家の素質かなと思う。

が、平日自由に動ける人を自分で育てて、
その人らと一緒に活動をしていけば
これらの問題は解決されるし、
実際今はその方向で動いている。

自分がビジネスを教えるなんて…と思っていた時期もあるのだが、
現実問題、生きるために働き、
働くために生きている状態の人が非常に多い。

そして彼ら彼女らはとても不自由だよね。

お金の問題だけでなく、
生活、交友範囲、思考も全て。

いつも言うけど
それを否定するというわけじゃない。

批判はするけどねw

ただ俺はそういう世界ではやっていきたいなと
違う世界で生きていきたいぞと、
そう思ってやってきたし、
これからも人との違いを意識しながらやっていく。


まずは金を稼ぐ。
そのために知識に投資しまくる。

それで稼げるようになったら
ジムに通ったり、サプリメント飲んで
健康にも配慮する。

今この流れがいい感じに回っていて
多くの人にこういった生き方を知って
望むなら実践をして欲しい。

誰かの人生を生きているパラダイムでは見えない
楽しさや充実がそこにはあるんだから。



関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。