• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のお礼

今の自分の環境というのは他ならぬ自分が望んでそうなっている。
この意味わかりますかね?

設計図があって、それを基に構築が始まる。
設計図がダメなら構築されるものもダメということです。

プログラミングをやる人なんかはしっくり来るかも知れません。
コードを書いて、コンパイルして、出力結果を見る。

間違ったところがあると、コンパイルしてもエラーが出ますよね。
あれと同じような感じです。

間違ったコードを探して、修正して、またコンパイルをする。
これを繰り返して正しく動くプログラムは完成をします。

人生も同じだと思ってます。

すなわち個人のプログラム部分である思想。
ここがダメだと出力される結果、つまり生き様もダメになるということです。

タバコを吸えば肺がんになるし、酒を沢山飲み過ぎると肝臓に負担がかかる。
それでいざ病気になって文句をいう人が結構います。

これはちゃんちゃらおかしな事です。
だって自分でそうなるように自分自身を設計して実行したのに、出力された結果を見て否定しているんだから。

俺は10年以上、孤独であることを望み、他人には心を一切開かずに生きてきました。
俺のことを理解できる人間なんていないという、中二病全開な思想で生きてきたんですね。

だから誕生日を迎えても、誰も祝ってくれないし、プレゼントも貰えない。
子供の頃は友達はまあまあ多かったほうだけど、中学ぐらいからどんどん孤立するようになって、多分その頃から誰かに誕生日を祝福された記憶が俺にはない。

それで斜めに構えて生きてはみたものの、やっぱり寂しいわけです。
誕生日は誰かに祝福されたい。
自然な気持ちではないでしょうか。

そう思ったのでツイッターでお願いをしたら、何ら問題なく祝福してくれる人が続出しました。
メッセージくれた人どうもありがとうございます。
とても嬉しかったです。

それで気がついたんだ。

今までの俺は祝福されないようにコードを書いてきたんだって。
祝福されるようにコードを修正したら、その通りの結果が出力された。

試しにFBでは祝福して下さいってお願いしなかったから、Twitterほどには祝福してくれる人は現れなかった。
来年はFBでも祝福をお願いしようと思う。

それでもFBでも3人の人が俺を祝福してくれて、一人はTwitter経由で友達になった方、一人はネットの友達、もう一人は中学の時の数少ない友人です。
昨年無理して時間を作ってもらって、再会して、また仲良くなりました。

これだってその時はすげービビって、何十年も交流が途絶えているから、無理かな?と思いながら、恐る恐るお願いしたわけです。
友達に俺は受け入れられないと書かれていたコードを、受け入れてくれる友達が現れるように書きなおした。
そうしたら何ら問題なく友達と楽しい時間を共有できるようになった。
10年以上会ってなかったのに、何ら違和感なくね。

小さな成功体験を積み重ねることが、やがて訪れる飛躍への伏線です。
いきなり大きなことは誰だってできない。

だからできることからちょっとずつちょっとずつ積み重ねていくんです。

Twitterも同じ。
最初はどんなに頑張ってもツイートへの反応が限定的だった。

でもある日を境に、僕の発言に目を留めてくれる人が、一人、また一人と現れるようになって、フォローしてくれる人も日に日に増えてきて、今に至ってる。

最初にリツイートされたり、お気に入り登録されたその瞬間が小さな成功体験だったわけです。
そこから積み重ねて、もっとやろう、アプローチを変えてみよう、もっとわかりやすく書こうと、派生させることができました。

シンプルなんだって思います。
現状に不満を持つことから、全ては始まっていると昨日書きました。

不満を持てるということはすごいことです。

だって他の人が疑問に感じないことに気がついているわけだから。
時代を先取りしているわけです。
最先端にポジションを取ってるわけです。

だけど時代がまだ自分に追いつていないから、孤独感や孤立感を感じてしまうのです。

それで諦めちゃったり、文句言っておしまいって人が多い。
俺もずっとそうだったから。

ここからさらに一歩踏み込んで、自分の思想を書き換える事で、出力される結果がすぐに修正されます。
そうなれば不満は満足へと変わります。

これを繰り返せばいい。

つまり、

不満を感じる → 本来の理想を定義する → それを実現するために必要なことを考える → 実行する → 実行結果を検証する → 最初に戻る

シンプルですな。

なんかやれる気がしてきた。
これ読んだ人もいけるって思わない?どう?

思ってる以上に複雑じゃないのかもよ。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。