• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変化することへの恐怖 → 小さな一歩から

慣れ親しんだ環境を手放すのは強い。

未経験のことをやるのは戸惑いがある。

一人でなにか新しいことをやろうと思ってもなかなかできなくて、周りの人に助けてもらって最初の一歩を私は踏み出してきました。

例えば子供の頃、クラスで学んでいることの答えがわかっても、手を上げて発言するのがすごい嫌でした。

でもある日発言して目立とうと決めてから、周りに発言したいと思ってる、親にもクラスで手を挙げると宣言しまくって、クラス替えして新しいクラスになったのをきっかけにすごい怖い思いして手をあげたら当てられて回答して正解をした。

その時小さな成功体験を得られたから、クラスで発言することは大きな問題でなくなった。

他の例では、高校を卒業するぐらいまで飲食店で「水をください」というのがすごく嫌でした。

でもある日、周りに促されて、おそるおそるお願いしてみたら何ら問題なく、水を持ってきてもらえてそこで成功体験を積めたんですね。


思うのですが、この小さな成功体験を大人になってからもやればいいのだと思います。


最近の例だと、ワードプレスとか自前で契約したサーバーにインストールして運用するの怖いなーと思ってました。

あるいはメルマガとか発行するの難しそうだし嫌だなーって思ってました。

業界で有名な人にメールするのは気が引けるなと思ってました。

でもやってみたら、結構怖いと思ってたんだけど、できるかも?と思えてきました。



変化することへの抵抗。



これが人間の自然な状態なのかもしれません。



自己防衛機能が、経験則に比例して高まるから、経験済みの保証付きの手法を繰り返し使いたがる。


しかしそれをやると人しての成長が止まってしまいます。



自分の子供頃の友人。

すごく優秀な子が多かったんですよ。

高校も入学してきた時は、ワンランク上の学校に紙一重で通らなくて、ちょっと後ろ向きな姿勢で来たような子がいて、すごいなと思ってました。


でもね。

気がついたら付属の大学に何も考えないで進学しますって人が大半なんですよ。

自分も含めてね。


で、もともと頭はそれなりにいいんで、卒業も問題なくするわけです。

就職もまあ推薦とか使ったりで決まります。

結婚もしている人もいるのかもしれません。

でもなんかそういうのっておもしろくねぇなって思います。



他人の価値観なので、別にそれを否定とかそういうことではないんです。

自分はそこを目指してはいない。そういう認識を確認する感じでしょうか。


守りに入ると人間劣化し始める。

これが自分も経験して改めて思ったことです。

海の外に出ろ、街に出ろ、人と会えって言われるじゃないですか。

多分これが理由ですよ。


仲良しクラブはそりゃあ快適ですよ。

俺だってイエスマンばっかり回りに固めて、気持よく毎日を過ごせたらって思う。


でもそれじゃ張り合いのない毎日でしょう。

たまに反対意見や違った視点からのボールを投げてくれる人がいるから、新たな発見を得られる。


俺自身が一歩を踏み出すのに時間がかかる人間なのであえて厳しく表現しています。

行動起こせない人間はダメだと。

変化するためには、既存の状況に疑問符をつけることからまずは入ります。

なんかおかしいぞって思うの。

それで、じゃあ自分はどうしたいのか?って考え始める。

最後に、在りたい自分になるためにどうすればいいか?

ここを考えます。

そうすればやらなければいけないことが見えてくる。

少なくともリストアップする所まではいくはずです。

そこまで来て、行動ですよね。

ここがなかなか出来ない。



現状に不満があるなら、現状を変えるためのアクションを持たないといけないはずです。

でも行動を起こささないで文句ばっかり言ってる状態。

結構多いんじゃないですか。

自分も暇を見つけちゃ、誰々はどうでーとかやってきました。

誰々の何々がダメでーとか。自分だって欠点たくさんあるのに。


その過程で得たこと、学んだこと。

何もありません。

愚痴っても何も得られないことを学びました。

なんだよそりゃあって話に見えるかもですが。。。。


愚痴ってた過去も含めて未来へのステップだと前向きに解釈したいです。

それも必要な過程なのだと。

でも愚痴ることが永久的に続いて、何も行動を起こせない状態。

これはやっぱりダメだなーと思います。


最初のアクションを起こすためのきっかけ。

例えば本を読んでみる、先輩に話を聞いてみる、先生に意見を伺いにいく、上司と話してみる。

色んなきっかけ作りのための選択肢があるはずです。


それさえもできない状態。

未来を見据えることができない状況なのかなと思います。

自分にもそれに近い時期があったのでわからなくもない。

それでもね。

もがかないといけない。

若いならなおさら。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。