• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模擬面接、OB訪問をSkype経由で受けます

Twitterで色々と情報発信した結果、どうも学生ニーズとして、働いている人と話す経験、触れる経験というのが圧倒的に不足しているのがわかってきた。

確かに自分も学生としか付き合ってなかったし、インターンも受け入れてくれるところがなかったので、社会人と話す機会は就活までほとんどなかったのを覚えている。

その横で社会人の人と少ないながらも話すことで自分の考えや向かう先が整理できるようになってきた。

自分の場合は就活を2回やって、その後起業をするというちょっとイレギュラーな経験をしている。

偏った人間ではあるが、昔の自分がそうであったように必要としてくれる人がいる限り、その思いに応えたいと思う。

そうすることで社会は循環していくと思うから。

ということで、面接の練習したい人、OB訪問をネット経由でやってみたい人(出身大学問いません。)を募集します。

条件は、就活をやってる人で基礎的なことはすでに理解して実践できている事。
何社か面接受けたんだけど、なかなか選考が進まない。
そもそもES通らない。

自分が何をやりたいかよくわからない。
純粋になんかおもしろそうなので私の話を聞いてみたい。

などなど。
あんま話す内容もこれ!って決めるんじゃなくて受けていこうと思います。

ただし私もこれでも仕事をやっている人間で、使える時間には限りがあります。
就活やってるあなたもそうですよね。

バイトもあるし、サークルに顔も出さないといけない、卒業研究や普段の講義、課題や実験もあります。

どうでもいいことをダラダラと話してお互いの時間を奪いたくありません。

なので聞きたいとをある程度まとめてからの応募を望みます。

最初に質問内容(やって欲しいこと、聞きたいこと)を聞きますので、質問なら20個以上は考えておくこと。

模擬面接なら自分が志望している業界と具体的な社名までまとめてくれたほうがスムーズにこっちも提案ができると思う。

ESの添削して欲しいならちゃんとすぐにファイル送信できるように準備しておくこと。

あんま小手先のテクニックの話はしたくないと思ってる。
そんなものは数冊本を読めば解決するわけですよね。

学校の就職セミナーや先輩やサークル仲間からも教えてもらえるはずですよ。

それができない事情がある人、例えば海外に留学していて自分以外に一人も日本人がいないとか、そういう特殊な事情なら多少は考慮しますが、基本的にテクニック的な最低限のことは学んでいるという前提でお話をします。

それさえもちょっと自信がないという人は以下の本を読んでおくこと。

MBA式 面接プレゼン術
4901234692

ロジカル面接術 2013年基本編
4898311733

以上となります。

応募はTwitterかメールで投げてくれればこっちから返信します。
これだけでも就活の練習になるよね。

応募フォームや前例がない状況でどうやって自分から社会人にコンタクトを取るか。
練習がてら取り組んでみるのもおもしろいと思いますよ!
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。