• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも日本が好きだ

俺は日本の価値観や文化に融合できないから海の外に出ていかねばならぬのだ。
物心ついた頃から自然にそう思うようになっていた。
自分は海の外でこそ活躍できる逸材なのだと。

しかし短期間でも海外に出たり、海外の人と接点を持つたびに感じるのが、日本のデメリット以上に、カタログスペックに現れない日本のいい所に魅力を感じる自分がいるということである。

日本人は約束を守る。
日本人は自分の仕事に責任を持つ。
日本人は嘘をつかない。
日本人は他人を利用するだけ利用することはない。

世界の人が日本に対して持っている印象。
アジアの国は日本のこと嫌っている人もいるかもしれないけれど、もっとマクロで見たら、日本が好き!って言う人のほうが多いわけだよね。

my word is my bond という言葉がある。
これを本当に体現しているのが日本人ではないだろうか。

もちろん例外もいるのだが、高品質なサービス、ビジネスを通じて提供される約束事。
これって基本的に守られていることがほとんどだと思うんです。

海外に拠点を移したいと思っていたけど、それと引換に諦めなければならないこと。
例えばお金を払えば高品質なサービスが提供されるという前提条件、インフラや生活全般の便利さ。

コストだけを見て安いからといって移住をすることはもちろんできる。
しかし思うのは総合的に見て、得られるものよりも、失うものが多くないのか?ということだ。

日本にいたからといって大きな夢を持てるような状況ではないのはわかっている。
しかし海外との接点を持つたびに、日本の快適さ、日本の良さに気がつくことが多く、海外志向ではありながらも、俺はやっぱり日本なのか?と思う自分がいるのである。

閉塞的な浮世の空気が肌に合わない、人口ピラミッドがバランス崩壊を明確に予知している、すでに持続可能でない体制になってしまっている、など問題点も多い。

家も狭いし、地価も家賃も今後下がり続けるだろうし、日本株も上がるのかこれ?って自分は思う。

それでも自分は日本が好きなのだろう。

都会的な側面、多様性を尊重してくれる人たち、そして何よりも自分のことを必要としてくれる人、今後出会う人もすでに出会っている人たちにも。

屈辱的な思いをするたびに奮い立たされる何かが自分の中に宿る。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。