• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の終わりに

今年の夏から年末に至るまでかな。
小さな挑戦をしながらも色々と失敗をしたり、思いがけないことが起きたりして結構きつかったんです。

自分がどこに向かおうとしているのか、何を求めているのかを見失ってしまったんです。

でも今日ね、車の運転してて、年末ということもあって空いてていて開放的な気分だったんです。
それで、オーディオブックを聞きながら学生時代に当初思っていたこと、以前も書いたけど生活拠点を複数持ちたいと思うことについて考えなおしてました。

そうしたら気がついた。
何も変わってないし、目指す方向性に向かって順調に自分は踏み出せているって。

学生時代に思い描いた夢がどんどんと現実味を増して実現してる。
仲間に助けてもらいながらも一人でここまで来ることができた。
そのことに対する若干の自信。そして誰とやってもうまくいかないという挫折感も当然ながらある。

多分あと数年もしない間に、来年から仕込みも開始して海の外に出ていくことが増えると思ってます。
少し寂しいけれどやっぱりこの国に自分の居場所はないと思うのと、自分自身が望んでいる世界を実現するためには生活拠点を移さなければいけないという結論に至りました。

学生時代は英語圏で白人が住んでいるような場所で考えていたんですけど、蓋を開けてみればアジアの国になりそうです。
日本からもそれほど遠くなく、米国やイギリスに行く時間の半分以下でアクセスができる国々です。

自分はアジアの国々に長期的には生活拠点を複数持ちたいと思っています。
非在住者として日本国籍を持ちながらも海外で生活をしていきたいと今思ってます。

アジアの国の中にもキリスト教の影響が強い国々があり、自分が最初に生活拠点を移す国はそういった国になりそうです。
これは自分にはとてもやりやすい環境となりそうです。
米国に居た時もキリスト教の影響を受けている人にとても親切にしてもらったし、違和感なく受け入れてもらえたし、自分自身も彼らに貢献をしたいと偽りの無い気持ちで接することができた成功体験があるからです。

あの時を境に虚栄心を捨てることができたと思います。
上辺だけの世界から、本質に目を向け自分が何を望んでいるのかを考えるようになりました。

住み慣れた国、住み慣れた環境を手放すのはそれなりのしんどさもやっぱりあります。
恐怖心も当然ながらある。

日本みたいに真夜中に出歩けるのかな?とか、間違って治安の悪い場所に入ってしまったらどうしようとか、品質の悪い製品ばっかりで日本が恋しくなったらどうしようとか、そもそも日本以上に人付き合いが減って孤独に耐えられなくなったらでどうしよう、とか数えればキリがない。

でも結果的に起業家になったのと同じように、そうせざるを得ない事情で海の外に自分は出ていくのです。
それには若干の寂しさ、挫折感、屈辱感、敗北感といった要素も伴うでしょう。

日本で就職出来なかったから仕方なく起業した。
日本でダメだったから海外に来た。

結果、思ってもいなかった世界に出会って楽しめている。
そういう未来になったらいいなと思ってます。

そのためには仲間がやっぱり必要で、来年からどれぐらいかかるかわからないけれど、仲間探しに真剣に取り組んでいきます。
年の終わりに自分が向かう方向性は当初から何ら外れることなく、ただ足元を見失っていたということに気がつけたことがただただ嬉しいです。

このままの自分でいい。
ただ未来のために若干の行動が今までよりも必要になるだけ。
今ちょっとだけ気が楽になり、心地よいプレッシャーと開放感に包まれています。

2012年も楽しみです。


おまえの欲しがる救いや希望はスピラのどこにもありはしない
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。