• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンチマーク 他人に苦痛を与えて奪っていた人はその後どうなったか

具体的に誰がとかじゃなくて、自分自身も含めた10数年という期間でベンチマークを知ってる人の範囲内で設定して見てるんだけど、出た結論は”奪ったら自分もいずれ奪われる”ということでした。

因果応報ってやつでしょうか。
自分自身も今まで心を開かないで他人を拒絶したり、人を虐めたり、逆に自分が虐められた経験を持っています。
なのでそういった歪みに対するリターン(報復のようなもの)も確実に受け取ってきたという自負があります。

自分の成長と組織(国家やコミュニティ、大学など)の成長どちらに重きを置いて考える人が真の成長を得るか?という問いかけがあるのですが、自分はずっと自己成長を最大化することだけを考えてきました。
今は組織への貢献が真の自己成長に繋がると思うようになりました。

これは経営者サイドに都合のいい思想なんじゃないか?って思う人もいるかもしれないけれど、かなり本質だと思っています。
組織への貢献というのは必ずしも評価だけではなくて、短期的には批判をされる行動かもしれない。
だけどいずれ大衆が既存の歪みに気がついた時に、彼または彼女のおこした行動が結果として大きな貢献に繋がっていたりして、そういう人が真の成長を得て強くなっていくのだと思ってます。

他人から評価されることー大学で良い成績取るとか、難しめの資格取得したとかもそれはそれですごいと思うが、それ以上に大事なのはそれを使って誰にどれだけ貢献できるか?ということではないかという話です。

学生の頃はこういった視点はなかなか持てませんでした。
なので現実的な主体性を持って取り組める対象を見いだせなかったんですね。

仕事をするようになって急成長できたと感じられる時は、自分への貢献もあったかもしれないけれど、コミュニティへの貢献が無意識に実行できていたように感じます。
今一度それを取り戻しに行きたいと思うし、並列して新しいことにも挑戦していきます。

もう他人に苦痛を与えたり、奪ったりする経験はしたくない。
それを止めるためにまずは自分から変わらないといけない。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。