• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の中のコア

中学時代の友人にここ最近は会う頻度が増えました。
FBという神サービスのおかげで僕が望んでいた世界が本当に実現をして、昔の友だちとの再会が安易に実現をするようになりました。

実名で、身元や経歴を公開した上で一定の責任ある発言をする必要があるFBでは、その発言や発信に一定以上の信頼が置かれます。
結局mixiが自分の中でブレイクアウトした感覚を持てないのは、取ってるリスクの違いなのかなーって思います。
仲間内で軽い雑談を楽しむにはいいけれど、強いコミット意識で何かを進めるエネルギーはあそこでは生まれにくいように感じます。
ビジネスライクなパートナーをmixiで募った時もありますが、一緒に働きたいと思える人はなかなか見つからず、引き抜いてきても思想的な側面であんま長期で付き合えそうにないなぁって人が多かった。
一方でもう少し深めの趣向を晒し出す場所で仲間を募るとそれなりの逸材が寄ってきていました。

当時はそういうのって偶然なのかな?と思っていたけど、必然的なのかなと今は思います。
それはつまるところ、創業家の経営者と雇われ社長の違いみたいな。
両者は同じような仕事をしているけれど、取ってきたリスクが違うからリターンも違う。
全てのことはトレードオフで、自らの夢見た願望の大きさや、起こしてきた行動の延長線に存在をし続ける。

FBで再開する友達は、数十年ぶりの再会とかが普通の相手ですが、すごく自然体で飾らない自分でいられて、相手の成功や奇跡を偽りの無い心で賞賛できる自分がいる。
これをきっかけにロングタームで付き合っていたいなと思える相手がほとんどです。(今の所)

僕は若い時はいつも誰かに嫉妬していて、自分は本当はすごく価値のある人間なのに周りがそれを認めてくれないと思っていた。(今でも自分に敬意が払われないとすごく嫌な気分になります。なので他人にも敬意を払っていつも接していたいと思っています。)
そしてそれが実現されないのは周りが悪いのだと思っていて、世界や周りを憎んで、怒りのエネルギーで毎日生きてました。

でも本当は僕はとても弱い存在だし、優れていると自分では思っていても本気で取り組んだ経験や、卓越した能力を証明できるわけでもない。
ただ少しだけ他の人が見を向けない所に可能性を見出して行動できる傾向がある人で、それが自分の中の少ないながらも強みなんだと思ってます。

子供の頃付き合っていた友達の中には、良い意味でも悪い意味でも変わってしまった人がいて、久しぶりに会うとそのギャップが楽しかったりする。
変わっていくものがある中で、自身の中で中心的な位置を占めているモノ、コアになっている部分というのは変わっていないと感じることが多いです。
それは彼らの長所でも短所でもあり、それがその人特有のユニークさになっていたりして、長所だからいい、短所だからダメとかそういう短絡的な捉え方のもっと先にある概念に見えます。

飾ったり、演じたり、虚勢を張って得る立ち位置に今はあまり価値を感じません。
自然体で輝いている瞬間を自分や他人の中に見出すときに魅力を感じます。
それはもしかしてコインランドリーで洗濯槽に服を入れる瞬間に見出すのかもしれないし、車の運転をしていてふと着想を得る瞬間かもしれない。

ここ1ヶ月僕は思う所があって、苦しんだりもしているけれど、自分なりにもがいて原点を見つめ直せていると思う。
昔の友だちと会うことで彼らのコアになっている所も見えるし、自分自身のコアになっている所もちょっとだけ感じることができている。
きっときっとこの流れはすごくエキサイティングで良い感じのことだと思うので、ちょっと意識して続けていきたい。

たった一つのメッセージや、たった一つのフォンコールで未来なんていくらでも変わるんだと思います。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。