• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルームシェアをしたい

そろそろ独立をしなければいけないので、部屋調べを始めました。
一人でアパートを契約ても8万、9万円で契約はできそうですが、二人ないし三人以上で20万円ぐらいの物件を契約してシェアしたほうが効率がいいのでは?と自分は考えています。

理由
1,バックグランドの異なる人と生活をすることで多様性に触れ、対人能力やコミュニケーション能力が強化される。

2,結婚をしたりある程度の年令になると、利害関係やしがらみが増えてこういったことが出来なくなる。また金銭的余裕が若い時よりも出来てくるのでルームシェアの必要性を感じにくくなる。若く金銭的に余裕がそれほどない時に、ルームシェアをすることで金銭的負担を減らしながら自己成長も得られる。

若く結婚もしていない今だからこそこういったことに挑戦ができる最後のチャンスだと思った。

3,理由の2にも関連して、本来であれば家賃8万円前後の部屋というのは学生向けだったり、単身者向けという条件向けで設計されているものが多い。

ルームシェアをすることで家賃15万20万の部屋に住むことができる。
そしてそういった部屋は単身者向けの部屋と比べると設備面や機能面に優れているので、一人暮らしとほとんど同等の負担で生活レベルを高めることが出来る。

4,そもそも一人暮らしって非効率過ぎると思うから。


理由1については、家族と生活をするのと他人と生活をするのではかなり異なった環境になるという話です。
生まれた場所や価値観が異なる人と生活をするのだから、何かしらの衝突が当然あると思うし、そういった事を乗り越えながらお互い他人を尊重しながら自分も大事にすることができるようになっていくと思います。

俺自身はこのあたりの能力に不足を感じるのでルームシェアをして強化したいと思った。

理由2については、ルームシェアを募集している人たちを見ていて感じた事です。
20代後半ぐらいから30代半ばぐらいの人が多く、18歳から20代なかばぐらいの一番ルームシェアする必要がありそうな人たちがほとんど見当たらなかった。
これは意外で、ルームシェアの事をそもそも知らないのか、若くして金銭的に満たされているのか理由は不明だが、多分認知度の問題なんだろう。
日本じゃルームシェアって考え方はまだマイノリティなのだ。

理由3について。

家賃8万円とかの物件は構造が軽量鉄筋コンクリートや木造建築だったりして、耐震性に疑問があるのはもちろんのこと、音漏れ、音の伝達にも敏感な構造のため、パーティションを切った構造物に住んでいるのと大差無いような環境に近い。

家は寝るための場所で、基本仕事(学校)と往復するだけという生活の人はこれで問題ないと思う。
しかし私は仕事場として、生活の場所として使うため、どうしても生活する上である程度の音が発生するし、夜遅くに活動をしなければいけない時もあるので、単身者向けのアパートだと周りに住む人に迷惑をかけてしまう側面が多い気がする。(夜中のシャワー、洗濯など)

家賃15万、20万の物件となると、家族を持っている人が腰を据えて住むような物件になってくると思います。
そういった物件はある程度しっかりとした構造設計(RC構造など)も確保されるし、部屋の設備(空調、水まわり、乾燥設備、駐車場、駐輪場、セキュリティ)を手に入れることができる。

家族が生活をする拠点とするような部屋だから音も出せるような構造になっているだろうし、時間的な制約をそれほど深刻に考えなくても活動ができると思う。

理由4についてはいつも感じていることです。

一人で洗濯機や炊飯器、冷蔵庫を独占して、テーブルやら椅子やらも一人で使って、それらは引越したり生活環境が変動した場合は処分をしなければなりません。

例えば一人暮らしで上記一式揃っている人が、誰かと結婚したり、実家に戻るという場合、すでに持っているモノを全部持っていくことができないので処分をしなければならないと思います。
そういった事を何度も繰り返すと、毎度毎度いろんなモノを買い足したり、捨てたりしながら金銭的な負担も大きいと思うし、それ以前にすごく効率が悪いと思う。

24時間使わないものなら誰かと共有したほうが効率いいよね。
仮に自分がルームシェアの環境外に出ることになっても、残ったモノは残った人たちが引き続いて共有していけば資源も無駄にならないよね。

ルームシェアをしたい、する理由に共通するのは、金銭的、活動的な効率を高めながら、自活する事ができるという事だと思います。
関連記事

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー別
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。